芸能界にファン多数の女流美術家「愛☆まどんな」って?

投稿日: 2014年10月20日 15:00 JST

鮮やかな色合いで「美少女」を描き続ける、女流美術家の愛☆まどんな。自身のアートをプリントしたTシャツやファッショングッズのプロデュースなどで、10代、20代を中心に人気を集めている。

 

「もともと絵を描くことが好きで、物心ついた頃から描いていました。けど、現代美術家の会田誠さんが講師を務めていた『美学校』でアートを学んでいたころは、女のコの絵を人に見せるのが恥ずかしくて、今とは全然違う、ゆるキャラっぽいイラストを描いていました」

 

学生時代は積極的な学生だったと話す、愛☆まどんな。尊敬してやまない、現代美術家の会田誠氏との出会いが大きな転機となった。

 

「たまたま、自分が描いた女のコの絵を会田さんに見られてしまったときに、『こういう恥ずかしい部分をもっと出していったほうがいい』と言ってくれて。その一言で振り切れました。それを機に、女のコの絵を作品にしていこうと決め、活動を始めました」

 

’07年、秋葉原の路上にて、白紙を貼り付けたワゴンをキャンバスに見立て、即興で「美少女」の絵を描くライブペイントの動画がインターネット上で大きな話題を呼んだ。ライブペイントの路上パフォーマンスが、当時、同じく秋葉原を拠点に活動していたアイドル「でんぱ組.inc」のシングル『キラキラチューン』の衣装イラストを手がけるきっかけにもなったそう。

 

「偶然、でんぱ組の衣装を担当していた、デザイナーのMIKIO SAKABEさんが私のライブイベントを見て、声をかけてくださって。それがきっかけで、衣装イラストを担当することができました」

 

今では、モデルや歌手など芸能界でも熱いファンが多数。

 

「ティーン向けの雑誌モデルやアイドルの女のコたちが私のグッズを気に入ってくれて、身につけたり紹介してくれたこともあり、ここ1年ほどで急激に若い女性に広まった気がします」

 

活動は国内にとどまらず、’13年にパリで開催された「ジャパンエキスポ」にも出展。そんな彼女の、これからの活動の展望とは。

 

「今の夢は、海外で制作や発表をすること。文化の違う場所での反応をもっと肌で感じたい。今後も新しいことに挑戦して、生きている間に自分の作品が大きく動く瞬間を見られたらうれしいですね」

【関連記事】

「芸術家3兄妹」育てた母、娘と二人三脚の50年の思い出

園子温が語るサンフランシスコでのホームレス時代

”勝つまでやる”男性社会に挑む21歳女流棋士の戦い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング