蛭子能収のゆるゆる人生相談「物を捨てられない母が…」

投稿日: 2014年12月08日 07:00 JST

おなじみ、“蛭子能収のゆるゆる人生相談”。今回の相談は、青森県弘前市に住む主婦・みえちゃんさんから……。

 

「78歳の母が、物を捨てられません。着物や人形など家は無駄なモノばかり。私が処分しようとすると、『これは大事!』と言われ、いつもケンカに。どうしたらいいですか?」

 

さて、蛭子さんのお答えは?

 

オレの机の周りも、表紙のない雑誌やボロボロの画材道具、締切りや電話番号を書いたメモ、手品グッズ、破けた映画のパンフレット、人からもらったビデオ、飲みかけの水などが散乱しているんですよね。

 

だから、すぐにモノがなくなるけど、それを捜しているうちに、違う発見があって、思わぬネタにつながることもあるんですよ。

 

でも、オレの女房が、地方ロケに行っている間に机の周りのものを全部捨ててしまうんですよ。それでいつもケンカ。いつも最後はオレが謝りますけど、正直オレは悪くないですよね。

 

そもそも何が大事かって、本人にしかわからないし、処分するなんて、親子でも余計なお世話ですよ。このお母さんも、どうせ亡くなるまであと何年もないので、困ったことがなければ、このままにしておいたほうがいいんじゃないですかね。

【関連記事】

遠野なぎこ&LiLiCoが赤裸々に語る「母の呪縛」前編

綾瀬はるか“汚ギャル化”危機に「広島の母が緊急上京」
摂食障害も…精神科医が指摘する「母という病」急増の理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング