「今の彼氏はホスト…」女子国家公務員のSEXの実態

投稿日: 2015年01月23日 13:00 JST

19日、国家公務員が主人公のドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)がスタート。主演の杏は東大大学院卒で内閣府の研究所勤務。恋愛力ゼロ女性が結婚を目指す物語だ。そこで、本誌は実際の20代&30代国家公務員女子に恋愛&性意識を緊急調査した!

 

「私の“彼氏”はホストですが、今は結婚の話も出ています。まだつき合ってもないけど、結婚しちゃうかも……。彼は私に唯一『仕事辞めろ』って言ってくれた人だったんですよ。『そんなにツラいんだったら辞めちゃえ。頑張らなくていいよ』って言われたとき、嬉しくて号泣しちゃったんです」

 

こう話すのは東大大学院を経て、現在は文部科学省の綾子さん(30)。学生時代から自分はチヤホヤされる存在だったと言う彼女は、いまだ処女。ホストの営業トークをのろけて語る彼女は彼氏の言葉を信じ切っている。

 

「でも、やっぱり彼はホストだし、信じ切れなかった。そしたら『信じられないかもしれないけど、本当に好きだから待っててほしい』って。週に1回、店終わりに会っているし、毎日メールもくれる。つき合っているも同然なんですよ」

 

取材した女性の多くは、出会いに飢えていることを口にしていた。税務署勤務の良美さん(26)もその一人。現在、大学時代から交際する同級生の彼と同棲中だが、もう5年のつき合いになるので倦怠期気味だそう。

 

「周りにはマルサ的な仕事をしている男性も多いですが、とにかく忙しそうで、署内にもあまりいないことが多いです。なので必然的に普段顔を合わせるのはオジサンばっかりでつまんない。彼とのSEXはマンネリですが、お互い性欲はあるので1日おきとかにしています。手順も何もわかりきってるから刺激という点では物足りないかな」

 

国土交通省勤務の祥子さん(26)は婚活中。狙い目である同僚官僚は忙しすぎて、チャンスがないと嘆く。

 

「キャリアの人たちって、朝から深夜まで働き通しで、気になった人がいてもアタックしようがない。忘年会や新年会などもありますけど、盛り上がるのは閑職のオジサンばかり。だから最近は合コンでストレス発散してます。国家公務員ってことは内緒にして、ここ1カ月で3、4人とヤッたかな。今年はいい人見つけて落ち着きたいです」

 

本誌の取材に答えた20代&30代の女性国家公務員54人のうち「結婚している」と答えたのは約4割。一方で処女率は13%だったーー。

 

(週刊FLASH 2月3日号)

【関連記事】

ロビーでくつろぎたばこを吹かし…省庁“役人天国”の実態

結婚したい! と女性が殺到する「おいしい公務員ランキング20」
16人に1人が患者とH…女医のSEX実態を緊急調査

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング