美輪明宏に糸井重里も…一流生んだ「渋谷の路地裏文化」は今

投稿日: 2015年02月14日 06:00 JST

「もともと渋谷の街は、東急資本の“コンサバ”の王道だった。ところが’70年代、西武グループの堤清二さんがパルコや西武百貨店を展開したことで、街に“サブカル”要素が生まれたというわけです」

 

そう話すのは、渋谷・円山町にあるミニシアター「ユーロスペース」代表の堀越謙三さん。終戦の年に渋谷で生まれ、時代に伴走しながら街の変遷を眺めてきた。

 

「’70年代は、便器を用いた芸術を世界に向けて発表するような“アバンギャルド”な時代で、その知的な部分に、一流の知識人が集まってきたんです。糸井重里さんをはじめ、とんでもなく一流の人たちがパルコや西武のポスターを作っていた。’80年代、渋谷にミニシアターができてブームになると、若い人が集まってきて、文化は“カウンターカルチャー”に。’69年にオープンした『渋谷ジァン・ジァン』からは、いろんな人が生まれましたよ。『ヨイトマケの唄』の美輪明宏もそうだし」

 

そして’90年代、バブルの崩壊とともに集う人たちが様変わり。大人向けの店は麻布などほかの町に移転し、センター街が街の中心になり、コギャルが集まる子供の街になってしまった。

 

「さらに、2000年にジァン・ジァンが閉店して、街から文化というものが消えてしまったのです」

 

再びその火を取り戻したいと、堀越さんは昨年11月、円山町のシアター内に、落語やコントなど、ライブエンタテインメントを発進できる場を立ち上げた。

 

「開発されるほど街はきれいになるけれど、“路地裏”は消えていく。人間は結局、車の中じゃなくて、路地を歩きたいわけで、路地裏がないと文化は生まれないんです。そんな猥雑(わいざつ)で戦前からの渋谷を残しているのは、ここ円山町くらい。この路地裏から、ジァン・ジァンのようにノンジャンルな文化を発進したいと思って」

 

いつの時代も、文化は路地裏から。新たな渋谷文化の誕生を見逃さないで。

【関連記事】

美輪明宏さん明かす朝ドラ「ごきげんよう」のヒミツ

美輪明宏が出す憲法改正の条件「9条を変えたいなら…」
美輪明宏 江戸川乱歩に包丁持たせた「16歳の生意気セリフ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング