つぶれかけの店が猫好きが集まる店に“にゃんこ堂”とは

投稿日: 2015年04月20日 06:00 JST

「年々お客さんが減り、どこまで書店を続けるのかが家族の話題の中心。このまま続けていても好転することはないだろう、ならば最後に何か面白い書棚を作ってみよう、という感じで始めました」

 

そう語るのは、世界一の本の町、東京・神保町にある姉川書店の姉川二三夫社長(65)。15坪ほどの店舗の一角に、猫本専門店「神保町にゃんこ堂」がオープンしたのは’13年6月のこと。発案者は、姉川さんの長女・ユウコさんだ。

 

「オープンして1カ月くらいは、ボチボチとお客さまが来てくれる程度。その後、ネットニュースで取り上げられてからは、猫好きの方々に一気に存在が知られるようになり、日曜日は店内が人でいっぱいに。それまで土曜日は休んでいましたが、開けることにしました」

 

店内には、猫関連の書籍だけではなく、トートバッグやポストカードなどの猫グッズも販売。愛猫家にはたまらない空間は、難しい顔をした人たちが多かった古書店街に、新たな客層を生んだ。

 

マニアの期待に応えるべく書籍をそろえるのは、ユウコさんが担当。店長のリクオ君(11歳・ほぼ不在)もFacebookでの広報活動を担当している。

 

「町の本屋が大型書店やネットショップに食い込めるとは到底思えません。でも、小さい書店だからこそ本と料理、書店とカフェなど展開しやすいのです。また、大型書店があるのに、わざわざ来ていただいたお客さまには、漫画家のくまくら珠美さんがデザインした、オリジナルブックカバーを用意しました。この店にしてからお客さまとの会話も増え、仕事が楽しくなりました」

 

レジを担当する奥さんと共に、お客さんとのにゃんこ談義に花が咲くとか。「にゃんこ堂」の人気の秘密には、猫本以外にも、夫妻とのたわいのない会話も入っているようだ。

【関連記事】

カメラ歴2年で出版 癒しの『猫ジャンプ』写真集が話題

ツイッターで大人気『猫漫画日記』作者は「実は犬派です」
”富国強猫”掲げ…『ねこ新聞』発行し続ける夫婦の思い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング