時間の共有、健康への気遣いがトレンド「喜ばれる母の日ギフト」

投稿日: 2015年05月06日 06:00 JST

「お金をかけるより、時間の共有や情報の提供、そして気遣いを形にする傾向があります」

 

そう語るのはマーケティングライターで世代・トレンド評論家の牛窪恵さん。近年は確実に親孝行志向は高まっていると分析する。そこで具体的にいまからでも「母の日」「父の日」に「間に合う」、親が喜ぶ贈り物を挙げてもらった。

 

【1】携帯やPCに保存したままの孫のデータでプチ・アルバムを制作

「孫や息子に関する情報をさりげなく伝えることも効果的。携帯に保存しっぱなしの孫の画像をアルバムにして、花を添えても」

 

【2】日帰りバスツアー(上京してきた親には「はとバス」など)

 

【3】日帰り温泉ツアー

「“安近短”の日帰りバスツアーや日帰り温泉など、体に負担の軽いレジャーが人気です」

 

【4】ホテルのアフタヌーンティー

 

【5】産直グルメ

「産直グルメも好評ですが、調理に手間のかからない食材を選ぶことがポイントです」

 

【6】家事代行サービスの利用ギフト券

「家事代行や、防犯・見守りといった便利なサービスを贈るなど、生活を充実させるための気遣いも思いが伝わりやすいですね」

 

【7】見守りサービスの契約(ケータイなどの設定を含む)

 

【8】電動歯ブラシ、少々高級なドライヤーなどの健康・美容グッズ

「健康・美容面では、自分ではなかなか手が出ない最新電動歯ブラシなどのアイテムも、もらってうれしい上位に」

 

【9】健康診断

ちなみに牛久保さん自身も、母親と健康診断へ行くのが年に1度の親孝行だとか。

 

【10】花(カードで感謝の気持ちを添えて)

 

それぞれの親孝行。決してぜいたくや豪華なことではないが、そこに気持ちが込められていたなら、どんな形でもいいのかも。

【関連記事】

旅行やエステの母娘プラン…“ままも族”市場が急成長中

遠野なぎこ&LiLiCoが赤裸々に語る「母の呪縛」前編
お祝いの適正金額は?結婚式の“お金のマナー”5

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング