【今週の対決】ダ・ヴィンチVS.ボッティチェリ イタリア絵画二大巨匠展

投稿日: 2016年02月01日 06:00 JST

image

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(41歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、ダ・ヴィンチVS.ボッティチェリ「イタリア絵画二大巨匠展」対決だ!

 

まずは1月16日から開かれている両国の江戸東京博物館「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」から。ダ・ヴィンチといえば、モナ・リザが有名だけど、今回はお目にかかれず。そのかわり目玉の作品となっているのが、日本初公開、いや、アジア初公開という「糸巻きの聖母」。英国人の個人所蔵で国外に出るのはなんと77年ぶり!素描の段階では歩行器や人物群が描かれていたけど、ダ・ヴィンチは何らかの意図があり、それらを消したそう、という解説もあり、作品をじっくり堪能できる。

 

もう一つの見どころが、「鳥の飛翔に関する手稿」という直筆ノート。「空を飛びたい。鳥からヒントがもらえるはず」という発想から始まった、鳥の骨格・筋肉の仕組みなどを分析した様子がノートに書き込まれている。彼は画家以外に、音楽家・軍事技師・建築家としても活躍。解剖学などにも造詣が深い、いわゆる「天才」。そんなダ・ヴィンチの才能を感じることができた展覧会だった。

 

次も同じく16日から始まった上野の東京都美術館の「ボッティチェリ展」。ダ・ヴィンチと同時期にイタリア・ルネサンスを支えたボッティチェリの日本初の大回顧展。なんと、作品の約8割が日本初公開!それもあってか、混雑していた。

 

ボッティチェリとダ・ヴィンチの2人は同じ工房にいた時期もある同僚だった。今回の目玉は、多くの画家たちが描いた聖母子像でも最高傑作といわれている『聖母子(書物の聖母)』という作品。サイズは大きくないものの素人目から見てもわかる美しい輝き。というのも、聖母のまとっている青の衣装の部分には、高価な瑠璃の宝石が使用されているから。とにかく、ルネサンス期の作品は、繊細かつ優美でうっとりできるものが多い!

 

【めた坊ジャッジ】両館ともゆっくり、じっくり鑑賞でき、デートしたい気分に。共に楽しめ、今回は引き分けだ!

【関連記事】

【今週の対決】雪のアクティビティvs.富士山の絶景吊り橋

【今週の対決】見ため抜群のかわいい系スイーツ店

【今週の対決】ミートパイVSピンサ 日本初上陸テークアウトスナック!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング