【今週の対決】パン、チョコ…ニューオープンスイーツ対決!

投稿日: 2016年10月31日 12:00 JST

image

 

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(41歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は、「秋のニューオープンスイーツ」対決だ!

 

■表参道「デュ・パン・エ・デジデ」

 

最初に向かったのは、表参道の「デュ・パン・エ・デジデ」。パリに本店がある日本初上陸のパン屋さん。’02年にパリにオープンした本店では、20世紀初頭の伝統的レシピに基づいたパンがつくられており、瞬く間にパリっ子の間で人気に!日本のお店にも本店と同じ商品が並んでいる。代表的商品「パン・デ・ザミ」(490円)と、パン・デ・ザミの生地を使ってチーズや野菜などの食材を入れて焼いた「ミニ・パヴェ」を購入。

 

パン・ザ・ザミは、外側が硬く、内側は素朴な焼き上がり。昔食べたことがあるようなほっとする食感と味。生ハムやパテで食べるといいそう。ミニ・パヴェは、日本限定メニュー3種の全11種類。日本限定の「味噌とネギのパヴェ」(260円)は、味噌とフランスパンという和洋の組み合わせが違和感なく、ペロリと楽しめた。「プルーンのパヴェ」(260円)は大ぶりなプルーンが特徴的。プルーンの甘さが引き立つ一品。おかずでもデザートでも楽しめるパンだ!

 

■有楽町「リンツ ショコラ ブティック」

 

つぎに向かったのは、有楽町にある「リンツ ショコラ ブティック」。スイス発のチョコレートブランド「リンツ」による、チョコレート販売に特化した初の専門店。売場の中央には、いちばん人気のチョコレート「リンドール」の量り売りコーナー「ピック&ミックス」がありカプチーノ、ココナツなど、18種類がそろっている。袋のサイズはS、M、Lの3種。これを使って袋詰めすることができる。

 

目安は、100グラム(7〜8個)でお値段781円。めた坊は10個詰めたので約1,000円に。丸い形のリンドールは、中からとろりとしたチョコレートがあふれ出てくる。ポップコーン入りの板チョコは、ポップコーンの香ばしさとチョコレートの甘さが絶妙のコンビネーション。濃厚な甘さに幸せを感じた。

 

【めた坊ジャッジ】共に新しい味を楽しめたけど、ミニ・パヴェのおかず&デザート力に感動した。今回はパンの勝利だ!

【関連記事】

【今週の対決】”日本発”パンケーキ専門店対決!

【今週の対決】ジュース、和菓子…最新ヘルシーおやつ
【今週の対決】都内に新オープンのデリカテッセン

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング