【今週の対決】】KITTEと新丸ビル、クリスマスを制すのは?

投稿日: 2016年12月19日 06:00 JST

image

 

話題のスポットやニューオープンのお店を、本誌編集者・めた坊(41歳独身。食いしん坊生活が続き、身長170センチで体重はかろうじて0.1トンを切るメタボ体形に成長)が覆面取材。“勝手に対決”させるこの企画。今回は東京・丸の内エリア「クリスマスイベント」対決だ!

 

■東京・丸の内「KITTE」

 

最初に向かったのは東京駅丸の内南口すぐにあるKITTE。こちらでは現在「WHITE KITTE」が開催中。中に入るとまず目に飛び込んでくるのは、屋内最大級を誇る約14.5メートルのクリスマスツリー。大きさだけでなく演出も素敵で、ツリーの周りにはきらきらと美しい光の粒が。4階の旧東京中央郵便局長室では、1890年代末から1920年ごろまでヨーロッパでつくられた絵はがきを展示。ここには椅子があるのでゆっくりとくつろげる。

 

いくつかの店ではKITTEオリジナルバージョンのクリスマス商品が販売されていて、ANTENDOのコフレセゾン(1,350円)を購入。赤と白のオリジナルの包装を開けるとレーズンやクランベリーがたっぷりはいったブリオッシュが。軟らかく甘酸っぱくて胃も大満足。桂新堂のえびせんべい(1,188円)は、袋を開けるとサンタとトナカイの絵柄が現れて、かわいさにテンションがアップ。どちらもお土産に最適だ!

 

■東京・丸の内「新丸の内ビル」

 

つぎに向かったのは「Marunouchi Bright Christmas」。こちらは丸の内エリアにある、丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾなどで開催されているイベント。今年のテーマはくるみ割り人形で、各箇所でくるみ割り人形の不思議な世界に遭遇できるようになっている。

 

早速、新丸の内ビルへ行ってみた。3階には、トリックアートの「雪の森をかけぬける王子とクララのそり」が展示されており、臨場感ある写真が撮れる。こちらも館内にあるすべてのお店がクリスマス仕様で、思わずスノードームやクリスマス限定品に手がのびてしまった。ちなみに丸の内エリアのイルミネーションは2月19日まで開催されているので、長くその美しさを堪能できる。

 

【めた坊ジャッジ】クリスマス展示自体は甲乙つけがたし。でもブリオッシュのおいしさが決め手で、KITTEの勝利だ!

【関連記事】

【今週の対決】“世界一有名なウサギ”…動物の絵本展対決

【今週の対決】都内に新オープンのデリカテッセン
【今週の対決】没後150年、シーボルト展覧会を巡ってみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング