【今週のこっち推し】日本初上陸!屋内スカイダイビングに挑戦

投稿日: 2017年09月18日 11:00 JST

image

 

話題のスポットを、今年入社のミーハー女子編集者・オッティー(オタク歴10年だが新ジャンルにハマる速度には定評あり。最近は推し将棋棋士を決めかねている)が覆面潜入調査し、“どっちが萌える?”かを決めるこの企画。最終回は、「最新スポーツスポット」です!

 

■埼玉県越谷市「FlyStation JAPAN」

 

日本初の屋内スカイダイビング施設「FlyStation JAPAN」が、埼玉県越谷市レイクタウンに4月16日にオープン! 下から人工的に強い風を送ることで地上4,000メートルの高さからスカイダイビングする感覚が味わえるそう。スカイダイビング初体験のオッティー、緊張気味で訪れました。

 

受付けを済ませたあと、フライングスーツに着替え、プロのインストラクターさんから事前講習をしていただきます。30分ほど講習を受け、本番へ!

 

予想していたものの、風圧の強さに驚きます。そして何より、バランスを取るのが難しい。腕を曲げ、正しい姿勢をきちんと作らないと、前や後ろに進んでしまいます。講習ではできていたのに、うまくいかない……!

 

しかし、インストラクターさんがついて常に場所を調整してくれるので安心です。最後には1階から2階まで回転しながら舞い上がる体験も! 空飛ぶ感覚に、高揚感はMAX。フライト自体はたった2分間でしたが、たっぷり楽しめた感覚でした。

 

■千葉県千葉市「SPACE ATHLETIC TONDEMI」

 

イオンモール幕張新都心に4月21日にオープンした「SPACE ATHLETIC TONDEMI(スペースアスレチック トンデミ)」へ行ってきました。屋内の遊び場……買い物に来た親が遊ばせる、よくあるキッズスペースみたいなもの? と侮るなかれ。なんとここ、広さが約480坪!

 

メインとなる約200坪の「トランポリンエリア」、11種類の「クライミングウォール」、高さ3×全長42メートルの「ロープウォーク」、「キッズエリア」からなり、子どもだけでなく大人も楽しめるスポットなのです。

 

専用の靴下をはき、いざトランポリンエリアへ。オッティー、トランポリンをここまで楽しんだのは初めて。跳ねながらドッジボールやバスケットボールができるエリアも用意されています。クライミングウォールにはちびっこたちが果敢に挑戦。

 

この日は親子連れが中心だったものの、友達同士、カップルでの利用も多いそう。久々に汗だくになるまで遊び、童心に帰ったオッティーでした。

 

【JUDGE!】どちらも天候に左右されず楽しめるのがポイント高。トンデミもフライステーションも非日常感覚が味わえてテンションが上がりました。初心者にもやさしいのが魅力ですね。最終回の対決は引き分けです!

【関連記事】

【今週のこっち推し】泊まれる本屋!?オシャレな読書スポット

【今週のこっち推し】変わり種神社には大根のモチーフ!?
【今週のこっち推し】東京の夏限定お化け屋敷に挑戦!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング