『猿の惑星』の猿がリアルすぎる

投稿日: 2011年10月14日 00:00 JST

『猿の惑星』の猿がリアルすぎる

image

公開するや大ヒットを記録している映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。早くも続編の噂が囁かれるなど、再び“猿”ブームが巻き起こっている。元となった‘68年版『猿の惑星』では最先端の特殊メークが話題となっていたが、本作はどう見てもホンモノの類人猿にしか見えない。ご覧になった方は分かると思うが、あまりにリアルすぎる……。

そんなCG映像を作り出したのは、エモーション・キャプチャーという新技術。 

 

①顔の前のカメラで眼球の動きや目線、役者の感情までを分析しデータ化

image

 

②おおもととなる動く絵コンテを作成

image

 

③毛を重ね合わせ、動きを中心とした動作データをCG合成

image

 

④表情や目線の位置データなど全てを合わせることで、あの“インテリ”チンパンジーが完成するのだ!

image


主役のチンパンジー「シーザー」に扮したアンディ・サーキスは、こう自負する。「エモーション・キャプチャーは、リアルな映像だけじゃなく、内面を見せる手助けもしてくれる。僕は今回、無垢な赤ん坊 から自由を求めた戦いの主導者へと変貌するまでのシーザーを演じた。彼は多くのことに迷い、葛藤を抱えている。類人猿の動きを真似するだけじゃ、感情は伝 わらない。最先端の技術を演技ツールとして生かしきることが、僕らの役目なんだ」

アンディは、この分野で世界最高の技術を持つWETAデジタルと強力な提携関係を築いている。エモーション・キャプチャーの伝道師との異名を取る彼であっても、本作の撮影スタイルには驚かされたという。「以前はセットで撮影をした後、エモーション・キャプチャーの現場へ移動して、演技を再現しなければならなかった。けど、今回はすべてのエモーション・キャプチャーを一度に行うことが出来たんだ。最高だったよ」

特殊メークに何時間も費やすなんて過去の話!? 今後はエモーション・キャプチャーが主流となるに違いない――。

●アンディ・サーキス

47歳。ロンドン出身。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラムや、『キングコング』のコングなど、人間以外の役では右に出るものがいないスペシャリスト

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

image

10月7日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他全国で公開中!
配給:20世紀フォックス映画
© 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
オフィシャルサイト:http://www.foxmovies.jp/saruwaku/#/trailer/spot60_2

取材・文/田嶋真理

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング