家族を放射能の危険から守る“除染大掃除法”とは……

投稿日: 2011年12月01日 00:00 JST

〝除染大掃除〟で家族を守る!

 今年の大掃除は、世間を騒がせる放射能の危険から家族を守るため、これまでとは違う工夫が必要になりそう。

 

「家庭でも“除染”を意識して1カ月前から取り掛かりたいですね。ゴム手袋とマスクを装着して実践してください!」と語るのは、名古屋大学名誉教授であり、日本放射線安全管理学会放射性ヨウ素・セシウム安全対策アドホック委員会委員長の西澤邦秀さん。

 

「掃除機をかけるときは、初めに粘着テープで空中に舞いやすい埃を取ってから。拭き掃除は“2度がけ”が基本で、1度目は十分に水分を含んだ状態で雑巾がけし、2度目によく絞ったものか、から拭きをしてください」

 

一般家庭の室内では、放射性物質の大半は綿埃などの埃に放射能が付着するとのこと。床や壁、家具、階段の隅に至るまで、とにかく“埃を除去する”細かい作業がが重要だという。

 

「汚れている部分にも放射能は付きやすいので、汚れが落ちにくい場合は重曹水や酢を2~3倍に薄めた水を少量かけてこすると良いです」

 

大掃除が終わったあとは、作業着を洗濯し、手洗い、うがい、シャワーを浴びることを義務づけることも大切。今年は早めの除染大掃除で、安心してすごせる快適な暮らしを取り戻しましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング