3500人のおっぱいを“ふっくらツン”させた美乳マジック

投稿日: 2011年12月10日 00:00 JST

3500人のおっぱいを“ふっくらツン”させた美乳マジック

年をとるごとにどんどん垂れ下がりそげていくおっぱい……。そんな悲しい現実をよそに、3500人の更年期“崩れおっぱい”

を見事に「ふっくらツン」に復活させた“神”がいる。プロポーション・ドクター蓮水カノンさんだ。
彼女が提唱する、実践的「美乳復活マジック」を聞いた。

その1[美バスト復活ブラの選び方]「ブラは、脇の高い位置までワイヤがあり、ストラップがなるべく外側についているもの。また、バストを高い位置で支えられるアンダーバストのもので、カップの素材は軽く柔らかいものを選びましょう」
その2[1日1食は美バスト栄養食を!]「バストのキレイな人は、必ず動物性タンパク質を適量、1日に1食は食べています。私のオススメは豚肉。それともう1つ、生大根も、美バストにはとっておきの食材です。お肉が苦手な人は、100%ジュースとゼラチンで作ったゼリーでもOK。1日1食『豚肉80gと生大根1cm』を取りましょう」
その3[温めて育てるおっぱい浴]「更年期のバストの崩れの大きな原因は冷えです。そこで“おっぱい浴”でバストを温め、若々しいピンク色の肌とハリを取り戻しましょう。お風呂で温めることはもちろん、それ以外の時間にも、厚手のタオルを『ちょっと熱い』(約50度)程度に温め、バストに当てます。肌がピンク色になるまで数回繰り返しましょう」

【おすすめ記事】
KEIKO 極秘退院していた
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
浅田真央 母の闘病で「もうママには頼れない」と決意
オウム真理教 “美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に
雅子さま 宮内庁で蠢く“雅子さま外し”の「離婚計画」
なめこと納豆を巾着に入れて「おでん」として食べてみた
おでんの大根に「練乳」を“ちょい足し”して食べてみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング