花粉症やアルツハイマー予防に“りんご”が効果あり

投稿日: 2011年12月11日 00:00 JST

花粉症やアルツハイマー予防に“りんご”が効果あり

これまでにも、果物を取ることはアルツハイマー病予防に効果があるといわれてきた。しかしこのたび、なかでも“りんご”に高い予防効果があることがわかった。

現在、アルツハイマー病の治療には、脳の中でアセチルコリンを破壊する酵素を阻害するという薬物療法が行われている。これまでの研究により、アセチルコリンを増やせば記憶力や学習能力が高まるという。

そしてりんごには、このアセチルコリンを増やす働きがあることが判明。そのため、若いころから毎日りんごを食べ続けることで、薬物療法と同様の効果が期待できるというのだ。

また、りんごは不思議な果物で、それ自体の栄養素の含有量は平均的なのだが、ほかの食べ物と一緒に摂ることでバツグンの働きを発揮する。

特にヨーグルトやチーズなどの乳製品との組み合わせは最高。体内の善玉菌を増やすだけでなく、日本人に不足しがちな、カルシウムやカリウムの吸収力も増し、骨粗鬆症予防に効果的という声も。

また、りんごに含まれる「リンゴペクチン」という栄養素が、アレルギー性疾患を引き起こす原因でもあるヒスタミン濃度を低下させる作用があることもわかり、花粉症予防効果にも期待できるという。

食物繊維が豊富なため、『糖尿病』『心臓病』『大腸がん』といった、生活習慣病予防や肥満予防にも有効というりんご。健康を維持するためにはもってこいの理想的な果物といえそうだ。

 

【おすすめ記事】
KEIKO 極秘退院していた
リアル家政婦はミタ(1)「70代の旦那様とイケナイ関係に」
浅田真央 母の闘病で「もうママには頼れない」と決意 
オウム真理教 “美人すぎる幹部”が脳出血で車いす生活に
雅子さま 宮内庁で蠢く“雅子さま外し”の「離婚計画」
なめこと納豆を巾着に入れて「おでん」として食べてみた
おでんの大根に「練乳」を“ちょい足し”して食べてみた
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング