暖房に頼らない温活ウォームビズ5か条 その1

投稿日: 2011年12月27日 00:00 JST

暖房に頼らない温活ウォームビズ5か条 その1

「この夏は頑張って節電をした分、冷たい飲み物を摂取した人も多いはず。それがもとで内臓まで冷えてしまった人も多いんです。暖房に頼らない“ウォームビズ”で節電が叫ばれるこの冬、対策をしなければ体も内臓も冷える一方。積極的な温活が必須です」

 

体を温める習慣『温活』の必要性を訴えるのは、川嶋朗医学博士。寒さ厳しい年の瀬、美と健康を脅かす冷えは女性の大敵だ。手軽にできるポカポカ温活5ヵ条を紹介してくれた。

 

【1】「食」で内側から温める

「冬は温かいものを食べて体を温めましょう。体を冷やしやすいといわれる豆腐などの食材も、鍋で熱して食べることにより、体を温めてくれます」

 

【2】軽い運動で体を温める

「激しい運動は必要ありませんから、毎日少しずつでも軽く体を動かすことが大切。血管が詰まりやすい手足の運動もいいですね。暮らしの中に温活を積極的に取り入れましょう」

 

【3】蒸気でほっこり温める

「使い切りカイロよりも、蒸気を含んだ温活グッズは、温かさが全身に広がりやすく温まります。また、蒸気を含むので、保湿効果もあるんです。首、尾てい骨のすぐ上、二の腕や太もも、ひざの裏、体の裏側は冷えやすいので、日ごろからチェックしてみましょう」

 

【4】お風呂で温める

「“温活としての入浴”を心がけてほしいです。湯温38〜40度で、風呂の蓋をして湯温が冷めないよう、全身浴で体ごとゆっくりつかること。入浴中の軽い運動もオススメです」

 

【5】服装で外から温める

「ナマ足は厳禁!特に肌の露出をさけたいのは『首』がつく、首、手首、足首の3カ所。ここは太い血管が通っている場所。ここが冷えると全身が冷えてしまうので、防寒に心がけましょう。服装は、分厚い衣服よりも薄いものを重ね着したほうが温まります」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング