マヤ予言書 2012年12月「人類滅亡説」とは?

投稿日: 2012年01月09日 07:00 JST

 

マヤ予言書 2012年12月「人類滅亡説」とは?

『2012年12月21日。この日、世界が終末を迎える』

1870年、マヤ文明が栄えたメキシコ・ユカタン半島で発見された『チラム・バラムの書』は、マヤの神話や伝説をまとめた文書。そこには《時の運命を支配する13バクトゥンの暦が終わるとき、時の車輪は回るのを止め、我々が生きるこの第五の世界は滅びるだろう》という記述があり、これが『人類滅亡説』の根拠となっている。

マヤの長期暦によると、「これまで世界は4度滅びており、現在の世界は5度目にあたる」(我々が生きるこの第五の世界)。それが終わりを告げる(13バクトゥンの暦が終わる)のが、冒頭の日付、2012年12月21日なのだ。

人類滅亡には諸説あると、マヤ予言に詳しいジャーナリストはこう話す。

「『地球の千倍もの大きさをもった惑星が衝突する』『超新星爆発が起こり地球の氷が溶けて大洪水に見舞われる』『天体配置の影響で寒冷期が到来する』といったものや『経済破綻を示す』という人もいます」

だが、現代に生きるマヤのシャーマンたちの見解は次のようなものだと、ジャーナリストは続ける。

「『2012年は地球滅亡の年ではなく、人間の精神が変容する重要な年である』と現代マヤ人はとらえています。たしかにマヤ人にとって“滅び”とは回避できないもの。でも滅びの次には必ず、新しい命が生まれ、輝かしい未来がくるとも信じているのです」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング