年末年始の食生活がシミ・シワ・たるみを増やす

投稿日: 2012年01月10日 00:00 JST

年末年始の食生活がシミ・シワ・たるみを増やす

「正月の生活習慣は体を糖化させるもと!糖化は老化に直結し悪影響を与えます」と語るのは、同志社大学・糖化ストレス研究センターの八木雅之先生。酸化が体を老けさせることは知られているが、近年、糖化も老化の危険因子と判明したのだ。八木先生は続ける。

「糖化とは、糖分がタンパク質を茶色に変色させ、最終的にAGEsという化合物を作ることを指します。体にとっては悪影響ばかりです」

人間の糖化は、食事で摂取した余分な糖が、血液にのって全身を巡ることで引き起こされる。人間の体はタンパク質でできているので、全身で糖化は発生するという。では、糖化が引き起こす悪影響とはいったいどういうものなのか?
八木先生は次のことを上げる。

【1】肌の老化
「糖化により、肌のたるみを引き起こし、皮膚は茶色くコゲたようにくすみます。また、糖化が進んだ肌は、紫外線を浴びるとさらにAGEsが生成され悪循環を招きます」

【2】骨粗しょう症・動脈硬化
「糖化はコラーゲンの弾力性も低下させるので、骨はしなやかさを失い骨折しやすい状態に陥ります。コラーゲンは全身にあるので、腎臓や大動脈の機能低下にも繋がり、AGEsが血管内に溜まると、動脈硬化のリスクが高まります」

【3】アルツハイマー病・糖尿病
AGEsはアルツハイマー病のもとになる、脳内の老人斑の形成に関与しているともいわれている。また、糖尿病も糖化が引き起こした弊害の一つ。日本人はインスリンの分泌能力が低く、倹約遺伝子を持っているため体に糖質を溜めやすいという。

食べすぎ、飲みすぎ、運動不足と三拍子そろった年始のライフスタイルは、余分な糖をいつも以上に摂取しがち。新年早々、糖化を加速させないよう注意が必要だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング