花粉症を寄せ付けない生活を送るための10カ条

投稿日: 2012年02月04日 00:00 JST

花粉症を寄せ付けない生活を送るための10カ条

毎年この季節になると花粉症の人が気になるのは、花粉の飛散量。平成23年12月27日に環境省が発表した『平成24年春の花粉総飛散量の予測』によると、今年の花粉総飛散量は、例年との比較では全国的に例年並みか、例年よりやや少なくなる見込みだという。

 

花粉症を防ぐには、とにかく花粉を体に寄せ付けない生活を心がけることが大事。そこで本誌が『花粉症を寄せ付けない生活を送るための10カ条』をご紹介!

【1】衣類は花粉がつきにくい素材を選ぶ

「外出時は、とくにコートはウール厳禁。ポリエステルなどの花粉が付着しにくい素材を選ぶこと。花粉が払い落とせます」

【2】バッグの素材にも注意を

「バッグも布やファー素材はこの時期NG。ビニール製など花粉が付着しにくく、簡単に落とせるものを」

【3】帽子はこの時期の必須アイテム

「髪の毛はまとめて帽子の中に入れて花粉がつかないように。マフラーなどで首からの侵入も防いで、完全防備を心がけましょう」

【4】飛散量の多い時間帯の外出に注意

「花粉が多く飛散するのは12〜18時ごろ。なかでも、とくに多い時間帯は13〜15時ごろなので、外出はなるべく控える」

【5】花粉飛散前からマスクで予防対策を

「マスクは吸い込む花粉の量を1/6〜1/3に減らし、鼻の症状を軽くします。鼻にフィットしたものを選ぶこと」

【6】メガネの着用を忘れずに

「普通のメガネでも花粉は1/3に抑える効果があります。さらに防御カバー付きメガネは花粉の侵入をより減らすことができます」

【7】帰宅したらすぐにうがいと洗顔を

「家に入る前に衣類に付いた花粉を払い落とし、洗顔、洗眼、うがい、手洗いすることが大切です」

【8】洗濯は午前中にすませる

「花粉は気温の高い午後に多く飛ぶので洗濯は午前中に。帽子やマフラーもこまめに洗濯しましょう」

【9】空気清浄機は加湿機能付きを

「室内の空気は乾燥していると花粉が舞い上がるので、加湿タイプの空気清浄機を使うほうがベターです」

【10】つらくて眠れない人は頭の位置を変える

「窓際に頭を向けて寝るとすき間から花粉が侵入している場合があります。ベッドや布団の頭の位置を変えてみましょう」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング