「サービス付き高齢者向け住宅」悪徳業者にだまされない方法

投稿日: 2012年03月03日 00:00 JST

「サービス付き高齢者向け住宅」悪徳業者にだまされない方法

「これまで、高齢者向け賃貸住宅には、『高齢者専用賃貸住宅』など3種類の住宅制度がありましたが、昨年10月20日に『サービス付き高齢者向け住宅』(以下、サ付住)に一本化されました。介護や医療と連携し、高齢者が安心して生活できる環境を整えるのが目的です」(住宅コンサルタント・平賀功一さん)


老後、介護が必要になっても、ひとりになっても安心して暮らしたいという高齢者にいま、注目されているのが『サ付住』。規模や設備、サービスなど、一定の条件を満たした住宅は、サ付住に登録できるとあって、これまでの高齢者専用賃貸住宅が登録するほか、新しい住宅も登録を目指し、続々建設中だ。


「いま、サ付住を造れば、国交省から100万円の補助金が出ます。今年度は約350億円の予算がほぼ埋まっているので、3万戸は新しい住宅ができるはず。サ付住の数は今年中に急増し、7万戸になる見通しです」(サービス付き高齢者向け住宅協会・奥村孝行事務局長)


サ付住は、一般の賃貸住宅より家賃や共益費が2〜3万円高く、生活支援サービスで2〜3万円上乗せされる。食事費用が4〜5万円、介護保険を利用して、介護費用が最大2万円(要介護2の場合)と考えても、有料老人ホームより月額の生活費が安いケースが多いという。しかし、選択を間違えるとトラブルになる可能性も。


「制度が始まったばかりで、外部からの指導監査体制が整っていませんから、悪質業者が出る可能性もないとは言い切れません。介護を理解していない業者も参入し始めていて、入居時の説明不足によるトラブルが後を絶ちません」(経営コンサルタント・濱田孝一さん)


これからもサ付住は増え続ける見込み。老後を安心して暮らすため、素人業者や悪徳業者は見極めたい。そこで、そんな業者を見極める5つのチェック項目をご紹介。こんな高齢者向け住宅は要注意だ!


【1】居室がたくさん空いている(入居者が集まっていない)

【2】強引に契約を迫る。契約を急がせる

【3】何を聞いても『安心、快適』などの美辞麗句が多い

【4】『多分、恐らく』などの曖昧な説明が多い

【5】営業マン以外のスタッフの態度や言葉遣い、服装の乱れ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング