「洗剤は多いほうが汚れ落ちる!?」ついやりがちな家事の間違い

投稿日: 2012年03月19日 00:00 JST

「洗剤は多いほうが汚れ落ちる!?」ついやりがちな家事の間違い

毎日の家事仕事こそ、肩の力をぬいて気楽に取り組みたいもの。でも、いつもの手順でしている作業があたりまえだと思っていませんか?「じつは間違いだった!」ということがあるかもしれませんよ。そこで、ついやりがちな家事の間違い・勘違いをチェックしてみましょう。今回は”正しい洗濯”の知識編です。


「洗剤は少し多めのほうが汚れがよく落ちる」はNG!分量はきちんと守って入れましょう。洗濯機に表示されている洗濯物の重量、洗剤と水の量は、汚れが落ちるのに最も効果的な配分が計算されています。多ければいいというものではありません。


「つけ置き洗いは、衣類を洗剤液につけてから洗濯機で洗う」もNG!セーターならつけるだけで脱水を。セーターやダウンジャケットなど力を加えると形くずれしやすいものは、たたんで洗剤液に15分ほどつけ、洗濯機で15秒ほど脱水。再度水にひたして脱水し陰干しするのが”つけ置き洗い”です。また、ひどい汚れ、黄ばみなどがあるものを40度ぐらいの濃い洗剤液に30分ほどつけてから洗濯機で洗う”高濃度つけ置き洗い”という方法も。


「ドライマーク衣料もすべて自宅で洗える」もNG!素材によってはダメなものもあります。家庭で洗える衣料も増えましたが、シルクは毛羽立ちやすく、レーヨンやキュプラは縮むことが。またテンセルはデザインにより仕上げが困難なのでクリーニングがおすすめです。


「ワイシャツはしっかり脱水したほうが早くきれいに乾く」もNG!水気を残したほうがきれいに乾きます。きっちり脱水すると早く乾きますが、シワが残りやすくなります。水分を少し多めに残して仕上げると水の力で”水のし”ができ、シワもなくきれいな干し上がりになります。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング