亡き父の作ったワクチンが「余命4カ月の息子」の命を救う

投稿日: 2012年03月29日 00:00 JST

亡き父の作ったワクチンが「余命4カ月の息子」の命を救う

元「ソニー・ミュージックエンタテインメント」社長で、現在の”K-POPブームを仕掛けた男”といわれる丸山茂雄氏(70)。彼が喉に違和感を覚え「これは、がんだな」と直感しながら検査に行ったのは’07年11月のことだった。

主治医から受けた診断は、『食道に6センチの扁平上皮がんがあり、リンパ節にも転移。進行ステージⅣで、この段階で手術してもあまり意味はない』というものだった。余命は4カ月。残された放射線治療と抗がん剤投与を続けながら、彼はある行動に出ていた。

「実は喉がおかしいと思ったときから、自分で親父のワクチン注射を始めていました。家にありましたしね。あらゆるがんに効くわけではありませんが、劇的な効果があったという症例も知っていたので。『もしや僕にも』とワクチンを使うことは、心の平安を保つことにもつながりましたね」(丸山氏)

それが丸山ワクチン。副作用がほとんどないことから’76年に「がん治療薬」として製造承認注目されたが、その認可は見送られてしまった。だが医師や患者らの強い要望で「治験薬」としての使用は認められることに。これまで約39万人に投与され、現在も年間3万人のがん患者が使用している。丸山氏は、この丸山ワクチンの開発者・丸山千里博士の長男だった。

そして’08年3月の検査では、奇跡の結果が。食道がんが劇的に好転していたのだ。しかし主治医は続けての抗がん剤治療を提言する。丸山氏は父親のことを明かし、副作用の強い抗がん剤治療を減らすよう直訴したという。そして同年9月、食道がんは消え、転移も胃の脇にわずかに残るだけとなっていた。

「抗がん剤も放射線もそれなりに効いていたんでしょう。そして僕には丸山ワクチンも効果があったと思う。医者からすればとんでもない患者だったでしょうが」(丸山氏)

だが、これで丸山さんとがんの闘いが終わったわけではなかった。’11年5月、転移した胃のリンパ節のがんが大きくなり「胃の全摘手術」を提案される。しかし彼は抗がん剤と放射線での治療をリクエスト。もちろん、丸山ワクチンも継続した。すると数カ月後に、転移がんは見事に消えていたのだ。

”余命4カ月”と覚悟してからすでに4年3カ月が経過している。丸山千里博士の逝去から15年、彼は父親についてこう語った。

「私が小さいときから毎日、親父は研究室と患者の病室で過ごしていました。そんなに働いても、我が家の家計は火の車でした。でも今回、私は親父に命を救われた思いでいます」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング