医学博士が実践「20歳若返る」病気にならない新常識 前編

投稿日: 2012年04月02日 00:00 JST

医学博士が実践「20歳若返る」病気にならない新常識 前編

「1日1食」という型破りな若返り法を実践して話題のナグモクリニック・南雲吉則総院長。著書『「空腹」が人を健康にする』(サンマーク出版)が25万部を突破した、空腹健康法のスペシャリストだ。今回は「20歳若返る新常識」という、今までになかった「逆転の健康法」を紹介してくれた。まずはその前編を、先生に伝授してもらおう。


【スポーツはしない】スポーツは心臓に大きな負担をかけます。心拍数は生涯20億回と決まっているので、無駄遣いすれば体は元気でも心臓は止まってしまう。反対に、現在注目されているのが”ノンエクササイズ”です。これは、日常生活のなかで体を使いましょうということです。車に乗らず歩く。電車の中では座らない。座っても背もたれによりかからない。単純にそれだけで、心臓に負担をかけずに体は若返っていきます。


【体は温めない】冷え性に「保温」は逆効果です。人間は恒温動物なので、外側から温めると脳にある体温調節中枢が指示を出し、汗をかくことで体を冷やしてしまいます。僕も冷え性でしたが、今では冬でもシャワーはぬるま湯で、最後は水を浴びています。あえて体を冷やすことで内臓脂肪は燃焼され、体内の温度も上昇。冷え性はなくなりました。また、半身浴は汗をかきすぎて、体内バランスを崩すので注意を。


【寝起きや空腹時にコーヒーは飲まない】カフェインは、タバコのニコチンと同様にアルカロイドという神経毒。空腹時に大量に飲むと、血中のカフェイン濃度が急上昇して吐き気、めまい、不眠、下痢などを引き起こします。コーヒーは必ず食後に!


【寝起きの水も必要ない】寝起きに顔がむくんでいるなら水分が余っている証拠。生き物は、渇きに備えて水分はなかなか尿にせず細胞と細胞の間の「間質」というところに間質液として蓄えます。これがむくみの正体。もし、むくんでいるのに喉が渇くならガムがオススメ。体内のむくみが唾液となって喉を潤してくれます。


【水分はあまり補給しない】「1日2リットルの水分を」という健康法も必要ありません。水を飲めば血液がサラサラに? そんなことはありません。水が蓄えられるのは血管ではなく間質です。よく若い女性などでペットボトルのお茶をごくごく飲んで、頻繁にトイレに行く方がいますが、トイレに行く回数が多いこと自体が水の取り過ぎということ。おしっこは1日に3回ぐらいでいいはず。水分は、食事に含まれている分だけでも十分です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング