荻原博子 10年後の不安を解消する「お金がたまる7つの知恵」

投稿日: 2012年05月01日 00:00 JST

荻原博子 10年後の不安を解消する「お金がたまる7つの知恵」

10年後の日本はどうなっているのか?そして自分は……と不安だらけの時代。そこで経済ジャーナリストの荻原博子さんが、今までの価値観やライフスタイルを見直すことで「お金がたまる7つの知恵」を紹介してくれた。

【1】”素っ裸”の精神で、ムダ遣いをなくす
「将来のための貯金は不安解消のためにもっとも重要なもの。お金を貯めるには家計のスリム化が必要です。これまで当たり前だと思っていた価値観を捨て素っ裸の気持ちになって、今買おうとしているものが本当に必要なのか、ゼロから吟味してほしいのです。貯金の目標は、まず100万円から」

【2】家計のムダ、No.1は保険
「保険をカバーしてくれる社会保障制度はいくつもある。たとえば遺族基礎年金や健康保険の『高額療養費制度』など。掛け捨ての死亡保障は保険料の安い共済やネット生保を利用し、医療保障は5000円程度の給付金が出るシンプルなもので十分です」

【3】財産の棚卸しでお金を貯める
「将来予想される『資産』と支出に当たる『負債』を書き出します。『負債』は60歳以降の基本生活費や60歳時点でのローン残高など。資産から負債をマイナスした金額が、老後のために準備しなければいけない金額。目標をはっきり把握しておきましょう」

【4】子供の自立のために奨学金を取得させる
「教育費はできるだけ子供に返済させてください。自分のお金で勉強したほうが子供の自立にも自律にも役立つということです」

【5】まとめ払いで「貯まる人」になる
「国民年金やNHKの受信料など、まとめ払いで安くなるものがあります。金額にするとわずかかもしれませんが、まとめ払いのクセをつければお金にシビアになります」

【6】10年後も働ける人になる
「リストラ増加のなか、今の職場で働き続けるには必要とされる人にならなければいけない。そのために、今の仕事を生かせる資格を取ることです。雇用保険から支給される『教育訓練給付金』で、資格取得にかかったお金の20%が戻ってきます」

【7】健康は夢を持つことから
「10年後の不安を解消してくれるのは『お金』と『健康』だと思っています。そして健康にいいのは趣味や夢を持つことだと。なんでもいい、好きなことに一生懸命取り組むことが、健康と長生きの秘訣だと思いますね。未来を信じて、今から準備を始めてください」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング