“勝負の日”にふんどしを締める「ふんどし女子」が激増

投稿日: 2012年05月01日 00:00 JST

“勝負の日”にふんどしを締める「ふんどし女子」が激増

image

今『ふんどし』が若い女性の間で密かなブームだという。最近ではテレビでも取り上げられ、下着メーカーや、日本ふんどし協会などには問い合わせが殺到しているという。


実際にふんどしを愛用している女性からは、「ゴムの締め付けがなくて楽チン」「冷えや、むくみの対策にもなる」「生理不順が解消された!」「開放感がイイ」「これからは勝負ふんどし!」などの声が寄せられている。

オシャレなふんどしの火つけ役とも言える、『SHAREFUN(しゃれふん)』プロデューサーで、日本ふんどし協会会長の中川さんは女性からの思わぬ評判の高さに驚きの声をあげる。「テレビなどで紹介されて、反響がとても大きかったです。以前に比べて何十倍も売り上げが伸びました。最初は男性用にネット販売を行っていたんですが、女性用の方がすぐに売り切れてしまった」

ネット上では、「ふんどしは男の物だろ!」「トイレが大変そう」「パンツの方がセクシー」などのコメントもあるが……。次に来るのは、『ふんどし女子』!?

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング