医師が教える「更年期障害を乗り切りための10カ条」

投稿日: 2012年05月06日 00:00 JST

医師が教える「更年期障害を乗り切りための10カ条」

更年期の時期や感じ方、軽い重いの程度や表われる変化などは千差万別。100人いれば100通りあるといわれるが、その症状はストレスが大きく影響するそうだ。家庭や職場でのストレスを回避することも、症状を軽くするひとつの要因。平山惠子産婦人科小児科クリニック院長は言う。

「妊娠・出産といった生殖機能は失われますが、その負担から解放されるということにもなります。更年期は体が新しいバランスを取りながら、その後の人生を元気に過ごしていくための準備期間ともいえます」

そこで平山院長に、更年期で戸惑う女性が心しておきたい10カ条を教えてもらった。

【1】目の前にあることだけに集中しよう

【2】一度にひとつのことだけを考えるようにしよう

【3】悩みは親しい人に相談しよう

【4】何かを決めたらすぐ行動しよう

【5】趣味の時間を作ろう

【6】体をリラックスさせる時間を作ろう

【7】睡眠、食事など生活のリズムを守ろう

【8】仕事と家庭を上手に切り替えよう

【9】ストレスがたまっていることを自覚しよう

【10】「嫌なことを考えまい」とするのではなく、「放っておく」感覚を身につけよう

「女性ホルモン欠落」「自律神経失調」「うつ症状」の3つが組み合わされ日常生活に支障をきたす場合、単なる更年期ではなく「更年期障害」となる。軽い人、中程度の人、障害を発症する人の割合は1:1:1くらいとのこと。重い場合には「ホルモン補充療法(HRT)もあるので、婦人科の病院で専門医の受診を。

「軽く考えすぎるのも、重く考えすぎるのもよくない。『誰もが通る道』と前向きに受け入れるようにしましょう」(平山院長)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング