「日活ロマンポルノ」がパリマダムに大人気の理由

投稿日: 2012年05月18日 00:00 JST

「日活ロマンポルノ」がパリマダムに大人気の理由

今、日活ロマンポルノがフランスで話題となっているという。昨年から今年にかけてフランスで行われた『パリシネマ映画祭』、『ナント三大陸映画祭』、『シネマテーク・フランセーズ』での上映会は連日連夜大盛況。パリのマダムも夢中になる、ロマンポルノの人気の秘密とはいったい何なのか?

 

日活ロマンポルノが生まれたのは’71年。日本最古のメジャー映画会社『日活』が、業界全体の不況のため、低予算でも採算の取れる『成人映画』を多く製作する方針に切り替えたことで生まれた。

 

もともと”一般映画”の監督やスタッフが東洋一の映画スタジオで製作し、一定のルール(10分に1回”カラミ”を入れる、など)さえ守れば内容は比較的自由だった。そして俳優陣も、内田裕也、石橋蓮司、寺田農、蟹江敬三、地井武男……東てる美、岡本麗、美保純ら豪華な面々。

 

つまり、”セックスシーンのための映像”であるAVとは、成り立ちからすべてが異なる。ロマンポルノは”セックスシーンの多い映画”なのだ。だが、日活の意図で題名やポスターが扇情的に作られていたこともあり、当時女性の観客はほぼいなかった。

 

しかし、今ではその作品性が海外でも再評価され、特にパリで開かれた上映会には上品なマダムが連れだって押し寄せた。その理由を、『The Legend of Nikkatsu Roman Porno』(’12年末、フランスで出版予定)の執筆者であるフランス人ジャーナリスト、ディミトリ・イアニ氏はこう話す。

 

「ロマンポルノがパリのマダムに好まれる理由は、その自由な表現やドラマツルギーの構造の巧みさ、女性の描かれ方の美しさ、そして登場人物たちの自然で、のびのびとした性への関わりでしょう。上映会では、舞台挨拶に登場した当時の看板女優・谷ナオミさんに惜しみない拍手が送られました」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング