脳神経外科医が語る「認知症予防に効く「朝日記」脳トレ」

投稿日: 2012年05月28日 00:00 JST

脳神経外科医が語る「認知症予防に効く「朝日記」脳トレ」

「男性と比べて、女性はボケにくい環境にあるんですよ。まず、近所付き合いなどで、不特定多数の人たちと会話をします。そして、化粧をするために手を動かします。これらすべて、脳を活性化させるのに効果的。もともと女性の場合、日常的に外で人に見られることを意識しているので、脳に刺激を与える機会が男性よりも多いのです」


そう語るのは、脳神経外科医として1日70〜80人の患者を診察している『北原ライフサポートクリニック』菅原道仁院長。高齢化に伴い、わが国の認知症患者は増加の一途をたどっている。さらに近年では、40〜50代で発症する『若年性認知症』も増加傾向といわれており、もはや認知症は老後の問題とはいえなくなってきているのだ。


そのなかでも、とくに多いのが『アルツハイマー型』と呼ばれる認知症。脳が萎縮し、知能や身体機能が低下するもので、現在のところ、効果的な薬も治療法もない状況だ。将来の認知症を予防するためには、脳の活性化が重要だと菅原院長は話す。


「とくに男性の場合、定年後に何かやろうとしても、思考が固定化されている人が多いんです。そうすると、パターン化された生活を繰り返すだけとなり、脳に刺激を与える機会がどんどん減ります。脳を活性化しないと、能力は衰えていきます。その最たるものが『思い出す力』なんです」


携帯電話がなかった時代、多くの人は、必要な電話番号くらいは暗記していたはず。ところが、今は簡単に検索できるので覚えようとしなくなってしまった。使わない力はどんどん落ちていくのだ。菅原先生は「思い出す力」を鍛えるためのトレーニングとして、「朝日記」をすすめている。


「毎朝、昨日のことを思い出しながら書く日記です。いわば、『思い出す力』をテストするようなもの。たとえば、前の日に見たニュースは何があったか、ドラマの内容はどんなものだったか、ジャンルは何でもいいんです。また、別に文章にする必要もありません。朝、食べたものを絵に描いてみて色合いを思い出したり、手帳に箇条書き程度のことを書いたりするだけでもいいんです」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング