9つの難病克服した10歳の男の子がつぶやいた「奇跡の言葉」

投稿日: 2012年06月24日 00:00 JST

 

9つの難病克服した10歳の男の子がつぶやいた「奇跡の言葉」

「病気で生まれてきたから、ぼくはいろいろな体験ができる。ママもいろいろな体験ができる。だからママは喜んでいいよ」


大人びた口調で話す、りお君こと印鑰理生君(いんやくりおくん・10)を母の紀子さん(40)はやさしく見守っている。りお君は、’01年東京で、不整脈が原因で34週目に緊急帝王切開で誕生した。4種類の不整脈、慢性肺疾患、重症ぜんそく、気胸などを含め、9つの難病を患い過酷な治療を受けながら生きてきた。紀子さんはこう振りかえる。


「私は『ちゃんと産んであげられなかった』と自分を責め続けていました。でもりおは、どれほどつらい治療や痛みにも、ひとしきり泣くとそのあとは『ハッピー』と笑みを浮かべるんです。そんなりおと生きるうち、『ごめんね』と思い続けるのは息子に対して失礼なことだと気付いたんです」


そして紀子さんは、りお君の不思議なりお語に気づくことになる。


「4歳のころ、英語のビデオを見るのが好きだったりおに『英語好きだね?』と聞くと、『ぼくはここに来る前、お空の上にいたよ。アメリカもここも同じお空でしょ』と、いきなり生まれる前のことを話しはじめたので驚きました。それ以来、神さまのこと、病気のこと、心について不思議なことを片言で話しはじめたのです。最初は、闘病日記に服薬・発作状況など記録の延長で、りおの言葉を書き留めました」


そして今年5月、9歳までの、りお君の言葉を綴った『自分をえらんで生まれてきたよ』(サンマーク出版刊)が出版され話題を呼んでいる。本のタイトルも、りお君自らが決めた。原稿を見直して修正も行ったという。


《ぼくは、病気を選んで、

生まれてきた。

希望をもって、

生まれてきた。

心を感じることで、

勇気がでる。

それがつまり、

希望のことなんだ》


昨年3月の大震災後、りお君は紀子さん、紀子さんのご両親と沖縄に移住した。心臓の弱いりお君を思っての決断だった。命を輝かせながら、沖縄で生きるりお君は笑顔でいう。


「沖縄は神さまの島で大好き。ぼく、島んちゅになります!」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ヒョンシク語る防弾少年団、SHINeeメンバーとの共演2017.09.19

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERSの今回のゲストは、俳優としてメキメキと頭角を現すパク・ヒョンシク(25)。ヒットドラマ『相続者たち』、『家族なのにどうして~ボクらの恋日記...


ランキング