96歳の女医が励みにしてきた「戦死した夫からのラブレター」

投稿日: 2012年07月30日 00:00 JST

96歳の女医が励みにしてきた「戦死した夫からのラブレター」

「ごく普通の生活ですよ。ただ、いくつになっても自分のことは自分でしようと心がけてきた、それくらいですね」

張りのある声と瑞々しい肌つやから、どう見ても実年齢は想像できない。96歳の貴島テル子先生は、宮崎市で貴島小児科医院を開業して42年になる。先生が医師になったのは、26歳で戦争未亡人となり、手に職を得るためだったという。関西女子医学専門学校へ進み、’50年に医師国家試験に合格した。

「主人は航空士官でした。先の知れない任務ですから、結婚前は親の反対もありましたが、説得をして。結婚後も南方へ行ったりして、休暇が取れると帰ってくるような生活でした」

夫婦が暮らした日数は、全部合わせても75日。それでも、ここまで元気に暮らしてこられたのは、ご主人の政明さんから戦死する直前まで送られた、100通以上に及ぶ”ラブレター”があったから、と語る。達筆で綴られた手紙には『愛する照子へ』の言葉がいまも鮮明に読み取れる。先生はこれを大切に保管し、折に触れ読み返し、励みにしてきたという。再婚はまったく考えなかった、と言い切る。

「いっしょにいられた期間があまりに短すぎて、子供を授かることはなかった。それで医師になったとき、小児科を選んだんです。よそのお子さまも全員、自分の子みたいな存在で向き合えたらと」

ここまで元気に子供たちのために力を尽くせたのは、やはり亡き夫に守られてきたから、と貴島先生は考えているそうだ。

「泣いてばかりはいられない、と一念発起して、医師となってから、ずいぶん長いこと働いてきました。仕事を辞めると、自分がどうなってしまうかわからないから。なので辞めることは考えられませんね」

夫のラブレターを支えに、〝天職〟だという小児科医を続けることが、健康長寿の秘訣そのものであるようだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング