10人中9人が若返った「100歳までボケない生活」に潜入密着

投稿日: 2012年08月06日 00:00 JST

10人中9人が若返った「100歳までボケない生活」に潜入密着

「寿命や老化は遺伝によるもの?いいえ、環境要因が75%を占めています。今日から老化は防げるのです!」と断言するのは、順天堂大学の白澤卓二医学博士。『100歳までボケない101の方法』(文春新書)などのベストセラーで知られる、アンチエイジング医療の第一人者だ。白澤先生は『いかに100歳の誕生日を元気に迎えられるか』をテーマに日々研究を重ねている。


今回、白澤先生が提案するアンチエイジングツアーが新潟で行われた。そこで、本誌もその老化防止の環境を体験するべくツアーに参加することに。今回で2回目というこのツアー。前回は10人中9人に若返りの検査結果が出たという。


7月10日。新潟県は五頭温泉郷・村杉温泉『長生館』でアンチエイジングツアー(主催・グローバルズビューロー)は始まった。参加者は60〜80代の男女15人。最初のプログラムは昼食で雑穀米や豚肉野菜炒めなど9品が並ぶ。一見、普通のメニューだが若返り作戦は始まっていた。


「ツアー中の食事は、私がすべて監修しています。今回は薬膳を取り入れ、免疫力を上げ、老化防止に効く塩麹や酒粕もたくさん使用。ぜひご賞味ください」(白澤先生)


午後は白澤先生の『若返りと食事』についてのセミナー。その後、19時に夕食。夕食のテーマは”認知症予防”で、DHAを豊富に含む新鮮なお刺身がメインのメニューだ。食後は宿の近くで満天の星とホタルを観賞、22時過ぎに1日目の行程は終了した。


「大規模調査によると、1日7.5時間睡眠の人が最も長生きしました」(白澤先生)


2日目。朝食は朝7時。朝食抜きは老化のもと。ちなみに白澤先生のふだんの朝食は野菜ジュースで、「週に3回以上飲むと、アルツハイマー病にかかるリスクが激減する」と先生はいう。その後、8時15分に宿を出発。目指すは今回のハイライト、沢登り!狙いは”運動”と”生きがいの創出”の2つだ。


透明な川の水はキリリと冷たく「うわあ!」と歓声が上がる。足に不安があるというご婦人も、スタッフの助けを借りつつ川の中をずんずん歩く。「子供のころを思い出すわね」と、皆楽しそう!それを眺めていた白澤先生はこう解説してくれた。


「心がときめくと、脳に新たな神経細胞が生まれます。童心に返ることは、気持ちだけではなく脳も確かに若返らせるんですよ。ペットでも、アイドルでも、日常の中でときめきの対象を見つけることが重要です」


食事、運動、生きがい創出がぎっしり詰まったアンチエイジングツアーだった。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング