渋谷ギャルの間で話題!「小5男子が作る新聞」の癒される記事内容

投稿日: 2012年08月06日 00:00 JST

渋谷ギャルの間で話題!「小5男子が作る新聞」の癒される記事内容

「鉛筆文字がカワイイィ!この4コマ漫画も好き。仕事が終わった後とか、この手書きの新聞を読むと癒されるんですよね」(20代OL)


和歌山県和歌山市に住む小学5年生の金岡陸君(10)が作る『金岡新聞』が、なぜか東京・渋谷の繁華街で話題になっている。これは、地元和歌山や東京で毎週175部のみ発行されている無料の新聞。陸君が8歳の冬から始めて2年半、その傑作選ともいえる『金岡新聞』(飛鳥新社刊)も7月26日に発売された。書籍の編集を担当した飛鳥新社の畑北斗さんはこう話す。


「私が感動したのは、山形の鮮魚店の応援記事です。それは、陸君の友達のあばあちゃんのお店なんですが、昨年の東日本大震災の風評被害の影響で、魚が売れなくなってしまったというんです。その子どもなりの問題意識に、じ〜んときて書籍化を決意したんですよ。『もの作りの原点』を見た気がしました」


陸君を発掘したライターのやきそばかおる氏は、このフリーペーパーを渋谷で目にしたとき、体中に電流が走るような衝撃を受けたという。そして、その企画力と取材力に驚かされた。


「転校する友達のために特別号を作ったり、ご近所に住むご老人の誕生日を祝う記事も企画する。彼の優しさがにじみ出ていますよね。震災直後の記事では、被災者の気持ちを少しでも理解したいと”暗闇”での生活体験レポートまで……。心に染みます。いっぽうで、本物の新聞広告をまねて、お気に入りのお菓子のロゴを入れたりして、各所にユーモアもある(笑)。『金岡新聞』はこの2年でどんどんクオリティが上がっています。まさにこれは金岡君の8〜10歳の成長記録なんです」


遠く東京にまで読者を持つようになったのは、同級生のお母さんが、全国のフリーペーパーが置かれている渋谷の『Only Free Paper』をテレビで知ったことがきっかけだった。同級生のお母さんがすぐさま同店に交渉してくれたのだ。現在、『金岡新聞』夏休み休刊中で再開は9月3日の予定。お楽しみに!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング