ホントは9月が危ない!「熱中症&食中毒」回避マニュアル

投稿日: 2012年09月07日 07:00 JST

 

ホントは9月が危ない!「熱中症&食中毒」回避マニュアル

今夏、全国で熱中症による救急搬送状況は、昨年の3万5千529人(7月1日〜8月31日)を2千人以上も上回った。猛暑は9月に入っても続いており、熱中症の危険度は高い状態のままである。


そんな中、「9月の熱中症は、じつは子供に多い」と警鐘を鳴らすのは、横浜国立大学教育人間科学部教授の田中英登さん(医学博士)。夏休み中、冷房に慣れきった子供の場合、2学期になって環境の変化に体がついていけず、体育の授業や運動会などで倒れる危険性があると指摘する。では、それを防ぐためにやるべき対策は?


「必ず水分補給をすることです。それと、この暑い時期は絶対に無理をしないこと。親は子供に、少なくとも9月中旬ぐらいまでは危険だと、自覚させておくことも重要です。また、気温が下がったからといって安心してはいけません。人間の体は、温度が5度以上変わると、非常に大きな負担になるんです。人間の体は寒いほうにはすぐ慣れますが、暑いほうには慣れにくい。だから、急に気温が上がった日は要注意。これは高齢者の方にもいえます」(田中さん)


そして熱中症と同様に、この暑さで9月以降も警戒すべきなのが食中毒。「夏の疲れが出るこれからの時期は、食中毒が発生しやすい」と、9月の食中毒の危険性を指摘するのは、(財)東京顕微鏡院理事の伊藤武さん(獣医学博士)。そこで、9月に注意すべき"危ない菌"とその予防策について、伊藤さんにアドバイスをお願いした。


【O-157】「牛などが腸管に持っている菌です。7〜9月は牛の菌の保持する陽性率が10%→20%と高くなり、食肉にも汚染するリスクが高い。それが出回る9月から秋口には注意が必要。特に内臓類は要注意。必ず加熱しましょう。10〜100個の少量菌で感染し病気が発症します」


【サルモネラ菌】「この菌は夏から秋に多く増殖します。この時期は卵の中のサルモネラ菌が問題です。35度で菌が増えるので、必ず卵の消費期限は守ること。また店頭でも暑い場所においてあった卵は、生では食べないようにしましょう」


【カンピロバクター】「これは鶏の肉にいます。この菌は暑いと死にますが、ちょっと涼しくなる秋口には注意。空気の少ないところで生き延びますし、冷蔵庫でも生き延びます。鶏刺し、ささ身の生は危険です!」


【ブドウ球菌】「この菌は人が持っていることが多く、気温が高いと増殖します。秋口には運動会やピクニックがあるので注意が必要です。お弁当に入れる食材は必ず加熱すること。おにぎりを握るときは、ラップを巻いて握るようにしましょう」


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング