歴女アイドル・小日向えりがオススメする「時代マンガ5」

投稿日: 2012年10月15日 07:00 JST

歴史小説の面白さにハマる女子がいま増えているという。それを受けてか、この秋『天地明察』や『のぼうの城』といった歴史小説の映画化が続く。だが、なかには歴史小説はなんだかとっつきにくくて、と敬遠しがちな人も。そこで、そんな人にオススメなのが時代マンガだ。

 

「『大奥』と『へうげもの』は映画やアニメになり、知っている人も多いと思いますが、定番として外せません」と話すのは、現在NHK『高校講座世界史』に出演中で『イケメン幕末史』の著者でもある、歴女アイドルの小日向えりさん(24)。そんな彼女の、イチオシの”時代マンガ5”はつぎの通り。

 

『大奥』[1〜8巻以下続刊]よしながふみ(白泉社)

『へうげもの』[1〜15巻以下続刊]山田芳裕(講談社)

『日露戦争物語』[全12巻・文庫]江川達也(PHP研究所)

『殿といっしょ』[1〜7巻以下続刊]大羽 快(メディアファクトリー)

『信長協奏曲』[1〜7巻以下続刊]石井あゆみ(小学館)

 

「高校時代に読んだ『日露戦争物語』は、日清・日露戦争で活躍した軍人・秋山好古の魅力にハマった思い出の作品です。そして、歴史好きとして猛プッシュしたいのが『殿といっしょ』。伊達政宗など有名な武将からマニアックな武将まで登場する4コマギャグマンガです」

 

山内一豊の妻、千代が夫のために用意した馬が、実は信長から盗んだものだったなど、ブラックなギャグも満載の『殿といっしょ』。史実を基にした笑いのネタも多く、戦国好きなら一層楽しめると小日向さんはいう。そして、ほかの作品をこう解説する。

 

「ぜひ、皆さんに読んでもらいたいのは『信長協奏曲』。戦国にタイムスリップした高校生・サブローが病弱な信長の身代わりとなり、やがて『本物の信長として生きていく』物語です。歴史に無知な彼は、単に通行に不便だからと関所を廃止。サブローの適当な思いつきが、史実どおりに運んでしまうところが本作の醍醐味と言えます」

 

歴史を知っている人も、”次はどうなるの?”と話の展開にきっとワクワクするはず!

 

【関連記事】

『天地明察』が大ヒットで注目!女子も恋する歴史小説10

『絵本 地獄』だけじゃない! コワ面白い「ホラー絵本」5
中国反日教育のスゴすぎる教科書内容「日本は野蛮な怪獣」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング