金持ちじゃなくてもOK!急増する「介護賃貸マンション」

投稿日: 2012年10月29日 07:00 JST

昨年10月に、新制度として始まった「サービス付き高齢者向け住宅」。1年で登録戸数は約71千戸('129月時点)に急増している。そこで、経済ジャーナリストの荻原博子さんに、その内容を紹介してもらった。


「まず、気になる利用料は、施設によっても利用する方の健康状態によっても異なります。一例として、要介護3の方が首都圏で入居し、介護サービスを受けながら一人暮らしをした場合を紹介します」


月額賃貸料が11万円、食費45千円、家事代行サービス(掃除、洗濯、食器洗いなど月4回)と介護保険の自己負担分(身体介護週12回、そのほか福祉用具のレンタルなど)計4万円で支出は月額195千円となります。介護がいらない人は賃料のみの負担となります。


一般的な賃貸住宅と同様、敷金が発生する「賃貸借方式」のほか、有料老人ホームなどで導入されている、入居時に一時金を払う「利用権方式」の2つがあります。後者は前払金が発生するので、今後は賃貸借方式が主流になるでしょう。有料老人ホームに比べ、費用は安くプライバシーもあるので、さらに需要が増えていく可能性も高いと思います。


しかし、費用が安いのはいいのですが、今後、施設の質に格差が生じることにつながりそうです。高齢になってから、何度も住み替えるのは困難ですから、入居時に一生住めるかどうか、見極めることが大切。国が規定する細かい最低要件を満たしていることは当然ですが、そこにプラスしてどのような介護・医療サービスが付いているかがポイントです。


医療体制や、いつか要介護状態になったときどこまでケアしてもらえるか。深夜の医療体制も、何かあったときに駆け付けてもらえるか、またターミナルケアから看取りの体制まで、あるのとないのでは大違いです。優良で価格も良心的な施設は、満室状態が多いといいます。利用者の方の評判などを調査して、よくよく見極めることが肝心です。

【関連記事】

『ペコロスの母に会いに行く』作者が語る「認知症母の介護」

新介護保険制度開始で調査「老後“本当に”住みやすい町5」
「姑の介護を8年やりました。 高額当せん総額21億円は そのご褒美だと思ってます!」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング