おひとりさまの先達が語る「女性が結婚しなくなった理由」

投稿日: 2012年11月09日 07:00 JST

内閣府が今年6月に発表した2012版『子ども・子育て白書』によると、50歳までに1度も結婚したことのない「生涯未婚率」が上昇を続け、男性は約5人に1(20.14)、女性は約10人に1(10.61%)と、過去最高となった。


75万部を売り上げたベストセラー『おひとりさまの老後』の著者で社会学者の上野千鶴子さんは、自らも「おひとりさま」を貫く現代の未婚女性の大先輩だが、女性の未婚率記録更新が続く現状をこう分析している。


「女性にとって、結婚はもはや『生活必需品』ではなく『嗜好品』になってしまったんです」


女性たちが結婚しなくなった理由として、一般的に挙げられるのは次の2つ。「働く女性が増え、男性を頼る必要がなくなった」、「”女は結婚して子供を産むべき”という価値観が変わってきた」というもの。さらに上野さんはもう一つの原因をこう語る。


「ひと昔前までは『未婚の女性=処女』が当然でした。でも今は、結婚前の性交渉が当たり前になり、独身でもセックスライフを送れるようになった。実は、これは未婚者が増える大きな理由になっています」


こうなると、結婚に踏み切る理由は『子供を産む』ことだけ。親元で衣食住に困らず、それなりに充実した生活を送っていれば、わざわざ結婚する気になれないのもごもっとも。しかし、守られた暮らしはいつまでも続くわけではない。上野さんは、こう警鐘をならす。


「親の介護が必要になったとき、まっさきに介護要因となるのは彼女たち。そして、ようやく親を看取ったあとに残るのは、十分な年金ももらえず、生活に行き詰まった初老の女性。自分を介護してくれる家族はいない。これが最悪のシナリオです」


ならばやはり、老後に頼れるのは我が子なのでは?と思う人も多いはず。だが上野さんは「自分が親を背負えるかと考えれば、答えはおのずと出るはず」とバッサリ。


「子供に老後を頼るのは子だくさんの時代の話。もはや”神話”です。今は結婚して家族がいる女性も、子供が独立し、夫に先立たれてしまえば、みなシングルに戻ります。『おひとりさま』同士で、助け合って老いていきましょう」

【関連記事】

女の酔って醜態懺悔録「朝起きたら知らない人と全裸で…」

男性より進行が早い!「女性のアルコール依存症」の恐怖
自分のブライダルも懸賞で獲得した「懸賞女王」の開眼力

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング