区民葬に手作り葬…予算節約できる「DIYお葬式」が急増

投稿日: 2012年11月09日 07:00 JST

「最近のお葬式の傾向は、『小型化』、『個性化』、『低価格化』などがあげられます。社会や人々の志向の変化で、近親者で故人を送りたい方が増え、故人らしさを重視するいわゆる”DIYお葬式”も多く見られるようになりました」


そう語るのは葬儀ビジネスコンサルタントでアルック代表の吉川美津子さん。吉川さんによると、いまの新しい流れとして、故人の個性を生かしながら自分で作り上げる手作りのお葬式が、かなり見られるようになってきたという。いったいどんなお葬式なのか?


2年前に骨折がもとで入退院を繰り返していた母親が、半年前に他界した中村雄太(埼玉県・自営・50)さん。そのときに行った葬儀は、母親を偲ぶためにも『葬儀のほとんどを手作りしたい』という思いが込められたものだった。


「棺、祭壇からろうそくに至るまでほとんどを自作し、購入し、手配しました。夫婦で母への思いをカタチにしたかったんです。葬儀は死亡から1週間後に。棺、祭壇はホームセンターで材木とペンキを買い込み、徹夜で完成させ、野の花の絵も入れました。生花は母が庭で育てていたコスモスとユリの花を飾り、足りない分は生花店に妻が手配しました」(中村さん)


このほかに枕飾りの経机も作り、そこへ飾る燭台、香炉、鈴もすべて自分たちで揃えた。遺影写真はパソコンで四つ切りサイズにし、背景も差し替え、やさしい雰囲気に仕上げた。搬送車は市役所から紹介してもらったそうだ。葬儀費用は合計19万1千円(※除く火葬代)。


また、最近は公的なサービスの市民葬・区民葬を利用する人も増えている。宮田加奈子さん(東京都・パート・48)もその1人。父親の葬儀を区民葬で終えた。


「父が住んでいた地域の区民葬では、葬祭料金、遺骨収納容器代、霊柩運送料金がセット(各項目ともランクごとに選べる)になっていました。ちなみに、区民葬は一般の葬儀と同じように、代行の葬儀社が執り行いますので、担当さんと十分、相談するのがいいと思います。今回はセット以外のものは、実は区民葬を扱う別の業者さんに相談し、各社に見積もりを取って安くお願いしました」(宮田さん)


葬祭では、白布2段飾りの格安タイプだったが、簡素ながらも厳かな式ができたと宮田さんは話している。葬儀費用は合計28万2千円。

【関連記事】

お葬式で損しないための「節約テクニック」7

“お布施”強要にニセ坊主も...凶悪化する僧侶の「葬儀トラブル」
遺産相続トラブル急増! 親のお金で修羅場にならない知恵

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング