イベント続きの年末に使える「カドの立たない」言いまわし

投稿日: 2012年12月17日 07:00 JST

 

イベント続きの年末に使える「カドの立たない」言いまわし

12月といえば、忘年会、クリスマスパーティー、そして帰省と、お付き合いシーンが増える季節。全部にイイ顔をしていたのでは身がもたない。そこで今回は、コミュニケーション・インストラクターの杉山美奈子先生のアドバイスと、ベストセラーとなっている『できる大人のモノの言い方大全』(青春出版社)を参考に、イベント続きの年末に使える「カドの立たない」言いまわしを紹介しよう。


【出席を断る】「ごめんなさい。今回は見送らせてください」。断るときの枕ことばとして「申し訳ありません」などの謝罪の言葉をつけるのが大人の振る舞い。


【すすめられたお酒を断る】「ありがとうございます。もう十分いただきましたので」。あくまで、相手に感謝の言葉をかけながら、やんわり断ろう。


【苦手な料理を遠慮する】「せっかくご用意くださったのに申し訳ありません。実は○○が苦手で」と正直に打ち明けて、「そのぶん別のものをたくさんいただきますね」と付け加えよう。


【苦手な人から逃げる】「あ~」「はい」「ええ」など、相槌を打ちつつも、質問したり関心を示す言葉を入れないのが鉄則。「そうですね」「わかります」といった相槌は、乗せてしまう可能性大なので注意!


【相手の自慢話を止める】「ほんとすごいよね~。ところで、さっき話してた○○って……」など、いったん「すごいね!」などのホメ言葉で一気に盛り上げて、一瞬間を置き「あっ、ところで……」と変えてしまうのが自然でスマートだ。


【早く帰りたい】「今日はありがとうございました。楽しかったです」と、ズバリ「過去形」で話してしまう! これで自分がそろそろ帰ることを、それとなく知らせることができる。


「まずは、即答を避けること。慣れない方が相手で緊張しているときでも、34秒の間を置けば、失敗は避けられます。その後、イエスと答えるのなら『ありがとうございます』、ノーと答えるなら『せっかくなのですが』とワンクッション置いてから、話を切り出すようにしてみてください。それだけで、印象ががらっと変わるはずです」(杉山先生)

 

【関連記事】

夜のイルミネーション 専門家が語る「今年の傾向」は?

Mステ生特番の観覧条件に非難殺到「ブスはお断りかよ!?
紅白”隠し玉”候補に浮上している「あの大物アーティスト」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング