美魔女ブーム!?アラ50女性の若作りに「見てられない」の声

投稿日: 2012年12月17日 07:00 JST

 

美魔女ブーム!?アラ50女性の若作りに「見てられない」の声

「息子の友達のお母さま2人、どちらもバリキャリで働き尽くした()後に結婚して、お子さんを産んだのが遅い方々。私とは一回り以上違いますが、やはり私たち若い(といっても30代ですが)お母さんが中心なのでそれに合わせようとなさっているのか、格好がなんていうか……すごくポップで……」


という声が届いた。東京都のP乃さんは33歳の主婦。このところの美魔女ブームは大きく広がり、いろいろなところに、若作りアラ50女性が増えているようだ。P乃さんは続ける。


「もうすぐ50(ご自分たちでアラフィフだから〜っておっしゃってます)というのに、パステルカラーのニットだったり、レギンスだったり、サーフ系のTシャツだったり、中途半端な変なデニム……。別に気にしなければいいのでしょうが、メークとか髪型はぜんぜん若くないのに、格好だけすごく若くて……。見ていられない」


自ら美魔女だと思い込んでしまっている人も、増えているということかもしれない。神奈川県の主婦・シュシュオさん、45歳はこんなことを……。


「服の好みが20代のころとあまり変わらないんです。いわゆるLAカジュアルっていうか。ついついパステル系のものとかデニスカとかはいちゃうんです。で、髪ももう30年くらい明るくしてるから今さら黒く戻すとか無理だし。自分では特に若作りしているつもりはないのですが、先日遊びにきた母が苦々しい口調で『……いつまで若いつもりなんだか。見てるこっちが恥ずかしいわ』と」


シュシュオさんは、周りの人に「わかーい!」といわれるのを信じていたという。「ただの若作りだったってことでしょうかね?」


美魔女ブームに思わぬ落とし穴があった?

 

【関連記事】

Mステ生特番の観覧条件に非難殺到「ブスはお断りかよ!?

キャサリン 『美魔女』グランプリ逃す「最年長と紹介してほしかった」
アラ100アイドル現役の秘訣「好きなモノが元気のモト」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング