正麺&ラ王…袋麺の逆襲にあった「空前のプロモーション」

投稿日: 2013年01月10日 07:00 JST

袋麺がこの世に誕生して55年を迎えた現在、メーカー間で熾烈な競争が巻き起こっているのをご存知だろうか。インスタントラーメン評論家の大山即席斎氏が事情を解説する。

 

「袋麺のライバルはカップ麺。カップ麺は’71年に発売され、’89年に生産量で袋麺を超えました。昭和は袋麺の時代、平成はカップ麺の時代といえます」

 

その傾向に変化をもたらしたのが、一昨年の東日本大震災だった。保存食として再び注目を集め、’08年から’10年まで3年連続で縮小傾向であった袋麺市場は’11年度、前年比104.9パーセントのプラス成長に転じた。

 

「カップ麺は孤食のイメージがありますが、袋麺は大切な人と一緒に調理して食べられる。震災以降いわれる『人との絆』を再確認することができる食品でしょうね」(大山氏)

 

その一方で多くの関係者が口を揃えるのが、’11年11月に発売された東洋水産『マルちゃん正麺』の存在だ。発売から1年間で2億食を出荷したという『マルちゃん正麺』。5食入り希望小売価格500円(税抜き)をもとにすれば約200億円を売り上げたことになる。「50億円も売れれば成功」(メーカー関係者)という業界で、とんでもない大ヒットとなった。

 

発売前には全国7カ所で約700名のバイヤーなどを相手に発表会を開催。製造ラインが未完成だったため、20人あまりの社員が総出で一部の工程を手作業した。約2週間の間に試食用を3万食用意したという。

 

もちろん、この成功に他社が手をこまねいているわけはない。日清食品は昨年8月に関東甲信越静岡地区限定で『日清ラ王』の袋麺を発売。現在、想定の2倍以上の売り上げを記録するなど、こちらも業界の注目を集めている。

 

開発に携わったマーケティング部のブランドマネージャー・木所敬雄氏は、発売前に東京・汐留で行なった前代未聞のイベント『値段のないラーメン屋』をオープンしたときのことをこう振り返る。

 

「ラ王であることを明かさず、2,047人のお客様にラーメンを提供し、おひとりずつ納得できる値段を自由につけていただきました。その結果、平均納得価格545円という評価を得ることができました。残念ながらまだ全国販売はできていませんが、食べてくださったお客様から毎日のように嬉しいメールやお電話をいただいており、十分な手ごたえを感じています」

 

長い停滞期を経て活気を取り戻した袋麺。生産体制が盤石となる’13年こそ、本格的な”逆襲”の始まりだ。

(週刊FLASH 1月22日号)

【関連記事】

インスタントめん研究32年のプロが厳選「ご当地袋めん」

東京チカラめし社長が語る「1年半で120店」急成長の理由
誕生45年の今明かす「チョコボール・キョロちゃん」の正体

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング