超きれい&いつでも空いてる”意外と穴場”な「駅トイレ」

投稿日: 2013年01月17日 07:00 JST

ひと昔前、駅のトイレといえば『汚い』『臭い』『紙が設置されていない』、そして『怖い』。どうしても……という緊急のときでない限り、使いたくない!というのが本音だったのではないだろうか。

しかし、最近では、そんなイメージを覆す駅トイレが続々と誕生している。汚くない、というレベルにとどまらず、より快適性を追求したトイレも増えているのだ。

ウォシュレットの導入に積極的なのは相鉄線(相模鉄道)だ。横浜駅(1階改札口内)のトイレは、5台すべてがウォシュレットつきで、バリアフリーのリモコン仕様。改札内に1カ所しかないため、使用頻度は非常に高いが、そのぶん、掃除は行き届いており超きれいだ。

東京メトロも力を入れている。ただ器具を新しくするという改装ではなく、さらなる快適空間の実現を目指している。一例を挙げると、おすすめなのが九段下駅(5番出入口付近地下2階改札外)のトイレ。改装前は入口に階段があったり、和式しかなかったりと少し不便だったが、モザイクタイルでシックで落ち着いた空間に生まれ変わった。洋式個室の1室はスペースが広くとられており、自動ドアの扉、オストメイト対応設備(人工肛門などの洗浄設備)の設置と、簡易多機能仕様とユニバーサルデザインになっている。

比較的遅れがちなJRは、駅の絶対数が多いということもあるが、ぜひこの流れに乗ってほしいもの。だがJRで、ぜひ覚えておいてほしいのが新宿駅(新南口改札内)のトイレ。このトイレは大型駅でも”ココなら空いている!”と評判の穴場トイレなのだ。そのほかに、新橋駅(汐留口改札内地下2階)、水道橋駅(東口改札内)、東京駅(八重洲地下中央口改札内)も穴場のトイレとなっている。

2000年代後半から、各線の改装ラッシュが続く駅トイレ。通勤やレジャーの途中、慌てて駆け込んでただ用をたすだけでなく、ほっと一息つける自分だけの空間がきっと見つかるはずだ。

(週刊FLASH 1月29日号)

【関連記事】

「過去に病気をしても審査OK」な保険の意外な落とし穴

千野アナの悲劇から「駐車場事故防ぐ4カ条」
日本初の出生前診断専門医が語る現実「8割母が中絶選ぶ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング