何気ない一言で裁判も…増加する「妻から夫へのDV被害」

投稿日: 2013年01月29日 07:00 JST

実は最近、女性側がDVの加害者になるケースが年々増加しているという。内閣府の調査で
も、妻からDVを受けた男性の割合は2割近いというデータがある。DV事件を多く手がけ
る中村総合法律事務所の中村順子弁護士は言う。

「女性がDVの加害者、男性が被害者というケースはここ数年、表立って出てくるようにな
りました。夫が退職後、収入が途絶えたのを機に、妻が暴言を吐くようになるケースも多
いと感じます」

DV防止法によると、身体的暴力のみならず精神的、経済的な暴力に該当すると認められる
と、男女を問わず、保護を受けられることになる。では具体的に、どのような言葉がDVや
モラハラ(モラルハラスメント)に定義されるのだろうか。

「妻の夫への『なまけもの!』という言葉が、裁判の証拠として認定されたケースもあり
ました」(中村弁護士)

それ以外は、こんな暴言の数々だったという。「稼ぎもないくせに」「田舎へ帰れ」「あ
んたなんか死ねばいい」「ホームレスになる勇気もないくせに」……。

「相手の尊厳を傷つける言葉や、限界を超えてゴミ屋敷になるほどの家事放棄、無視(ネ
グレクト)もモラハラです」(中村弁護士)

不況が長引くいま、給与削減やリストラなどは身近な問題。つい、文句や愚痴も出るだろ
う。しかし感情にまかせて夫に投げつけたひと言が、DVやモラハラの証拠と認定されるか
もしれないことをお忘れなく。

【関連記事】

土屋アンナ 目のアザ隠して救急病院に医師「夫のDV疑う」

早乙女太一 恋人・西山茉希を暴行…「深夜の修羅場」全詳細
黒田勇樹「ワイン瓶で殴られ入院…」妻が語るDV現場

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング