妻にオエッと嗚咽され続けた落語家被害者の会設立で調停

投稿日: 2013年01月29日 07:00 JST

三遊亭窓里の高座名をもつ真打ちの落語家でもある、埼玉県川越市議の小林薫さん
(53)。窓里さんは昨年末、「DV・モラルハラスメント男性被害者の会」を立ち上げ
た。

「モラハラ」と略されるモラルハラスメントは、精神的嫌がらせのことでDVの一種。相手
に身体的なケガを負わせなくても、ひどい言葉や家事放棄などが離婚の理由と認められる
場合がある。窓里さんが妻のDV・モラハラに悩まされた期間は、なんと27年間。最もズ
シリとこたえたのが言葉の暴力だった。

「私の顔を見るたび、『オエーッ!』と吐くマネをするんです。私が家を出ようとしたと
きに雨が降り出すと、『ざまぁみろ』と言われたり。おまけに挨拶もなし。私が『おはよ
うの挨拶は?』と聞いても、無視されました」

転機は、‘09年の春だった。

「テレビで『片付けられない女』といった特集があって、これは妻だと思いました。精神
的な病いの可能性も報じられていたので、一緒に病院へいこうと持ちかけましたが……」

妻は、厳しい顔でこう言い放ったという。

「私は(家事を)やりたくなくてやらないだけ。あんたのほうが病気じゃないの」

さらに、おととしの選挙をまったく手伝わなかったのを契機に離婚調停へ。調停は、家庭
裁判所で5回行われた。身体的暴力の場合と違い、言葉や無視などモラハラは立証が難し
いとされる。ところが窓里さんは、望んだとおり、妻に対して「家を明け渡す」という調
停を成立させることができた。

「3年分の克明な日記の供述と、ゴミ屋敷と化していく家の写真などを撮り続けていたん
です。それが証拠として認められました。妻が出ていったあと、息子とゴミを片づけたと
ころ、45リットルの袋で40袋分ありました。預金通帳の残高は17円でした」

【関連記事】

生活保護受給、出会い系援交…シングルマザーの過酷な現実

嫁姑関係に変化…「姑が嫁に気を使う時代」になった理由
美魔女ブーム!?アラ50女性の若作りに「見てられない」の声

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング