ハーバード人気教授直伝 大人もまねしたい勉強のコツ5

投稿日: 2013年03月18日 07:00 JST

ハーバード大学で人気教授になった、福岡県出身の北川智子さん。’09年に、29歳の若さでハーバード大学で教鞭をとるようになると、履修者が2人しかいなかった日本史クラスをわずか3年で250人を超える人気講義にまで押し上げた。そのレアな体験をつづった『ハーバード白熱日本史教室』(新潮新書)はベストセラーに。2冊目の著書となる『世界基準でかなえる私の勉強法』(幻冬舎)を、この2月に出版した。

 

大学は飛び級して3年で卒業、大学院で理系から文系へ転科した北川さん。そんなスーパーな頭脳を支えるのは、途方もない勉強量だ。1日9冊本を読み、論文に没頭すると2〜3日寝ないことはざら。そこまでハードにはできなくても、参考にできそうな”勉強のコツ”を北川さんが教えてくれた。

 

【ノート、メモは最小限に】

書き写すことに気を取られて、人の話を聞き逃すのは本末転倒。メモはA4白紙1枚以内に。書き取る内容は、『最重要部分』『新しい情報』『聞いていてもわからなかった”自分にとっての空白部分”』の3つに限定。A4白紙1枚だと見直しもしやすい。

 

【反すうで記憶力をアップ!】

講義中にメモを取らないかわりに、その日のうちに授業の大筋を思い出したり、友達と話す時間を作る。要点をつかんで話す訓練をすると、それによって内容を反すうすることになり、記憶として定着させやすい。

 

【語学は子供番組、絵本、子守歌で訓練】

TOFEL、TOIECなど「これが標準」というテキストに必死についていくより、子供向けのテレビ番組や絵本、子守歌を活用。絵本のように簡単で自然な英語を繰り返し読んだり、歌を歌ってみると、自然に英語をあやつられるようになる。

 

【速読は体を使って行う】

指で文字を追う動作を加えると、目に頼らずに読めるのでスピードが増す。指をできるだけ速く、読む方向へ向かわせ、その指のたどる先を目で追うのがコツ。

 

【時間を生かす『4:3の法則』】

1週間を、たとえば『勉強を詰め込む4日』と『自由に楽しむ3日』のように分ける。詰め込む日:楽をする日の割合は4:3ではなく、2日詰め込んで1日楽をする2:1のリズムでOK。

 

1日9冊の本を読むとはいかないかもしれないが、まねしたい学び方だ。

 

【関連記事】

東大文三に合格した50歳主婦に学ぶ「老けない脳」作り方

ハーバード人気教授北川さん式 知恵を開く子育て術 前編
ディズニー通選手権準優勝者が語る「お気に入りトリビア」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング