月額980円の予備校も…高騰する教育費で破産しない方法

投稿日: 2013年04月08日 07:00 JST

今回は、「高騰する教育費で破産しない方法」を、経済ジャーナリストの荻原博子さんに聞きました。

 

「最近、新しいタイプの予備校が話題になっています。大学受験を応援する『受験サプリ』です。オンラインで授業映像を流し、基礎講座の全教科・全授業が受け放題とうたっています。特筆すべきはその授業料で、月額980円。入会金も無料、テキストも無料でダウンロード可能と、今までにない低価格です」

 

今秋には、志望校別講座やセンター試験の対策講座(価格未定)が開講予定だ。都立高校受験に強い東京都内の進学塾enaも、週2回の授業で割安の2万円以下とCMで告知した。このように、お金のあまりかからない教育機会の選択肢が増えてきた。

 

「とはいえ、依然として教育にはお金がかかります。日本政策金融公庫の平成24年度調査によると、大学入試から卒業までにかかる費用は、国公立大学で516万円、私立大学の文系で688万円、私立大学理系では803万円にのぼります。では、これだけの大金をどのように工面するのか。お子さんが小さい方は、小学生のうちに貯金しましょう」

 

大学入学までに、子供1人につき300万円が目標だという。しかし、受験も間近、今から貯金しても間に合わないという方は、まずは奨学金を考えよう。ただし、日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金は、高校での成績と世帯の収入による選考がある。

 

「奨学金が受けられなかった、あるいはそれだけでは足りない方は、日本政策金融公庫の国の教育ローンがあります。子供1人300万円までを年利2.45%(平成25年3月現在)で貸してくれます。返済期間は最長で15年で在学中は元金据置き返済も可能です。今は、親の老後も大変なので、教育ローンの返済はなるべく子供にも負担させましょう」

【関連記事】

インフレが招く恐怖の老後格差から身を守る4つの方法

プレミアものの歌舞伎をたった1500円で堪能できる方法
超人気番組『はじめてのおつかい』に”わが子を出す方法”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング