東京ディズニーランド“在籍30年”キャストのパーク秘話

投稿日: 2013年04月10日 07:00 JST

4月15日に、開園30周年を迎える『東京ディズニーリゾート』。この”夢と魔法の王国”では、来場者をゲスト、従業員をキャストと呼ぶことをみなさん、ご存じだろう。

 

現在、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで働く準社員と呼ばれるアルバイトのキャストは約18,000人。ゲストと接するキャストのほとんどを準社員が占める。そのなかには、開園から30年もの長きにわたって働き続けてきた女性キャストがいる。

 

藤野晴子さん(68)はその一人。彼女がオープンから30年という歴史のなかで生まれた、キャストとゲストの知られざる交流秘話を語ってくれた。もともと英語、仏語など外国語が堪能だった藤野さん。

 

「ニュージーランドからきたという80歳のおじいさんが一人でいらして、昼からずっと私とたわいもない話をしていたことがありました。せっかくパークにきたんだから、あのアトラクションは楽しいですよとか、パレードをご覧になったらと勧めたんですが、閉館時間までずっと私と一緒。『生まれてからこんなにやさしくされたことはない』と言って帰って行かれました」

 

また30代の女性が一人でパーク内を8ミリカメラで撮影しているのを見かけ、藤野さんが声をかけると、「子供が入院していて、ここへ来たいというので、せめて8ミリで見せようと思って撮りに来たんです」と打ち明けられたことも。彼女は「こちらから話しかけて打ち解けることの大切さを、東京ディズニーランドで教わった気がします」と話す。

 

藤野さんは1男2女の母だが、全員が大学時代にキャストを経験。『イッツ・ア・スモールワールド』にいた長女は、縁あって同じくキャストをしていた男性と結婚した。

 

「ほんとに家族中がディズニーファン。私の父が94歳のときに東京ディズニーシーに『タワー・オブ・テラー』がオープン。父の車椅子を押していっしょに乗ったら、そのあとでぽつりと、『米国のとはストーリーが違うな』って。すごい一家でしょ(笑)」

 

いまでも、ワールドバザール内のお菓子のショップ『ペイストリーパレス』などでおもにレジを担当している藤野さんは、「海外からのゲストに話しかけられるように各国の挨拶の言葉を覚え始めました。先日覚えたトルコ語の『メルハバ(こんにちは)』で20カ国語で話しかけられるようになりました」と語った。

【関連記事】

ディズニー通選手権準優勝者が語る「お気に入りトリビア」

ディズニー新作に唯一参加の日本人アニメーターを直撃取材
『東京ディズニーシー』が10倍楽しくなる「5」の秘密

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング