わくわくさん 相棒ゴロリと「移動の新幹線は別車両」のワケ

投稿日: 2013年04月26日 07:00 JST

NHK ・Eテレの子供向け番組『つくってあそぼ』が3月30日に最終回を迎えた。90年4月にスタートしてから23年間、休まずに出演を続けてきたのが“わくわくさん”ことタレントの久保田雅人(51)だ。

 

久保田は大学生のころから劇団に所属。当時の副座長が、いま『ワンピース』のルフィ役で活躍する声優・田中真弓(58)だった。田中がNHKの子供番組で仕事をしていた縁でオーディションを紹介され、見事合格。

番組開始当初はわからないことだらけで、久保田自身も「下手くそだった」と振り返る。それから約3年が経ち、仕事にも慣れてきたころに独立してからは、わくわくさん一本でやってきた。収録のない日は、地方での講演や工作ショーに出かけ、見せ方を学んできたという。

 

「今では年間300本くらい講演をしています。最近は番組で話せなかった工作の材料のことも話したり。NHKの番組ではメーカー名は出せないですから(笑)。全都道府県に行ったかな。あ、秋田だけは行けてない。秋田の方、誰か呼んでください(笑)」(久保田、以下同)

 

意外な話だが、相棒・ゴロリとは、スタジオを出たら距離を置くように心がけてきたという。

 

「移動の飛行機は並んで座らないことにしていますし、新幹線の車両も別々です。お互い携帯電話の番号は知っていますが、仕事の要件以外は連絡しないんです。

だから、ゴロリくんとはいつも新鮮です。漫才コンビのようなもので、慣れ合いでいつも一緒だと、いいものができないんです。

先日は広島で一緒でしたが、彼は飛行機で僕は新幹線、『現場で会おうね』って(笑)。現地での食事も別々です」

 

これからも、ゴロリとのコンビで子供たちをわくわくさせる仕事は続いていく。

 

「私の工作教室では、失敗してもいいんです。やり方を間違えていても、どんどんやらせるんですよ。失敗することより、作りたい気持ちが大切なんです。トライしたことには『よくやったね!』と言ってあげる。間違いを修正してあげるのはその後でいい。

23年間で得た僕なりの信念を、子供たちに今後も伝えていきたいですね」

 

【関連記事】

テレビ界の”ゆるキャラ”「Eテレ」話題急上昇のワケ

ゆるキャラ界ナンバーワン!くまモンの魅力ランキング!
田中宥久子さん がん発覚時に「ホッとした」とこぼしたワケ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング