松下奈緒が通い詰める“京都・予約不可の絶品行列名店”

投稿日: 2013年04月26日 07:00 JST

ドラマ『鴨、京都へ行く。ー老舗旅館の女将日記ー』(フジテレビ系・火曜21時〜)の撮影のため、京都に短期居住中の松下奈緒(28)。関西出身の彼女にとって京都は特別な街で、行きつけの名店もたくさんある。松下が愛してやまない“予約のできない行列店”を紹介してくれた。

 

【手打ちうどん 山元麺蔵】京都市左京区岡崎南御所町34

小麦粉からこだわった手打ちうどんが自慢の店。開店前から行列ができることも。オススメは『土ゴボウ天うどん』840円。

「きちんとかつおだしの味がする、まさに“京うどん”だと思います。初めてこちらのゴボウ天をいただいたときは、しっかりした歯ごたえと、カレー塩のお味とのバランスに感動しました!」

 

【日の出うどん】京都市左京区南禅寺北ノ坊町36

地元の常連と観光客とでつねにいっぱいの人気店。カレーうどんだけで7種あり、辛さも選べる。なかでも『特カレーうどん(あげきざみ、ねぎ、牛肉入り)950円がオススメ。

「京都に来たら必ず食べたくなるのが、こちらのカレーうどんです。おだしとカレーのバランスが絶妙ですし、とろみがあるところもいいんですよ〜。家では絶対にまねのできないお味です」

 

【かさぎ屋】京都市東山区高台寺桝屋町349

大正3年創業の老舗甘味処。隣家に下宿していた竹久夢二も通った。店内には竹久の描いた絵が飾られている。オススメは『御膳しるこ』650円。

「ふだんは、お汁粉ってあまり食べないんです。でも数年前、すごく寒い日にこちらで食べさせていただいたら『お汁粉ってこんなにおいしかったのか!』と、目からウロコが落ちるほどの体験で。それ以来、この味の大ファンです」

 

【ぎおん徳屋】京都市東山区祇園町南側570-127

格子造りのお店が立ち並び、京の風情溢れる花見小路に’04年から店を構える甘味処。連日、観光客の行列ができる。そのお目当ては『本わらびもち』1,200円。

「初めていただいたとき、美しい見た目と、『こんなに?』というくらいのびるお餅に驚きました。添えられた黒蜜やきな粉も、ほどよい甘さが絶妙です。わらび餅は夏の風物詩ともいわれますが、こちらのものなら季節を問わずにいただきたいですね」

【関連記事】

アラ40女子が殺到する「京都・失恋タクシー」とは!?

駅から徒歩30分は当たり前!?「行列のできる僻地グルメ」
有名人が通う「のんべい横丁の隠れ名店」61年の歴史に幕

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング