「家系図作り」静かなブーム 自分で作るには?

投稿日: 2013年06月16日 07:00 JST

現在、静かなブームとなっている自分家系図作り。そこで、私たちにもできる家系図作りの手順とコツについて、『戸籍を読み解いて家系図をつくろう』(日本法令)の著者である、行政書士の清水潔さんにアドバイスしてもらった。

 

「まず、自分の戸籍を取ることからスタート。戸籍は、本籍のある市区町村で入手できます。戸籍証明書等請求書の記入欄で、全部事項証明(謄本)にチェックを入れて、戸籍を請求してください。本籍地が現住所から遠く、役所に出向けない場合は郵送での請求もできます」(清水さん・以下同)

 

本籍地がわからない人は、いま自分が住民登録をしている役所で『住民票の写し』を取る。その際、請求用紙に本籍と筆頭者名を表示するようチェックを入れる。自分の戸籍を取得すれば、そこから父母の戸籍を取得するための情報が得られ、次に父母の戸籍を取得する。さらにそこから祖父母の戸籍……という流れで、戸籍をどんどん遡っていく。

 

「自分が記載されている戸籍から順番にたどっていき、途中が抜けてしまわないことが肝心です。たとえば、父親の曽祖父の戸籍を取得する場合、自分と祖父の情報が出ている父親の戸籍。曽祖父の情報が出ている祖父の戸籍が必要です。自分が曽祖父の直系であることを証明するために、請求書と一緒にこれらの戸籍情報をコピーし、曽祖父の本籍がある役所に直接行く。もしくは、郵便で請求します」

 

現在、入手可能な直系の先祖の戸籍で、もっとも古いものは、“明治19年式戸籍”と呼ばれるもので、それ以前の戸籍を調べることができない。また、戦争による空襲で、昔の戸籍が残っていないところもある。したがって、古い戸籍から直系親族を遡れるのは、せいぜい4代前の高祖父母ぐらいまでが限界のようだ。さらに、明治、大正の戸籍は読み解くのが難しく、次にたどるべき本籍地を間違う可能性もあるそうだ。

 

「たとえば、祖父母や曽祖父母の戸籍で、出生・死亡事項の欄に、本籍地っぽい住所が記載されている場合があるのですが、その欄に記載された住所は、次に追っていく本籍地ではありません。次にたどる本籍地を間違えないためのポイントは、入籍・分家・婚姻・分籍・転籍・家督相続などの記載がある住所をしっかりとチェックして、読み取っていくことですね」

 

清水さんによると、“昭和23年式戸籍”以前は、『家制度』(家の代表である“戸主”を中心に、甥や姪、親戚なども同じ家で、ひとつの家族として戸籍に入っていた)だったので、直系親族ではない人たちの名前が、戸籍にいっぱい出てくるそうだ。

 

「戸籍に記載されている本籍地は、あくまでも書類上の場所であって、ご先祖様が、実際そこに住んでいたかどうかまではわかりません。それと戸籍だけでは、どういう人物だったかもわからない。ですので、時間があれば、先祖の本籍地をぜひ訪ね歩いていただきたいですね。そこがどんな場所なのか。そこでどのような生活をしていたのか。その地に立てば、何か自分とのつながりを感じるような気がします」

【関連記事】

“怒り発散”が長寿の秘訣!海外で大ブームの珍サービス

富士山課、お困りです課…役所で変わった名前課がブーム
大ブームの「とろとろコンビニプリン」全国1位はあの商品

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング