日本人クリエーターが語るピクサー新作アニメの裏側

投稿日: 2013年06月29日 07:00 JST

ピクサー14作目の長編作品は、かつて大ヒットした『モンスターズ・インク』の前日譚、『モンスターズ ユニバーシティ』だ。本編終了後に流れるエンドロール、名だたるメインクリエーターたちの名前が1人1画面で表示されるところに、アートディレクター・ダイスケ“ダイス”ツツミ、の名前が!彼はこの作品のカラーライティング責任者。

 

「決してほかの人より仕事をしたというわけではないんですが(笑)。最初から最後まで、映画の核心に迫る部分をまかされたので、すごくやりがいのある仕事でした」と堤さんは言う。彼のメインの仕事はカラースクリプト(色の脚本)を描くこと。その絵を各部門のスタッフ全員が共有し、作業を進めていく。

 

「ストーリーに台本があるように、映像にも台本があるんです。色と光の面から、作品の情感や時間帯、天候などを見失わないようにするためです。カラースクリプトはだいたい300枚くらい。ストーリーが変わればそれに合わせて変えていくので、映画全体では500〜600枚くらい描きましたね」

 

その堤さんが、今作『モンスターズ ユニバーシティ』のちょっとした裏側を教えてくれた。

 

「新学期の最初、マイクは影、サリーは光の中にいます。しかし、学期が経過するにしたがって猛勉強をしたマイクはついにサリーを追い越して、好成績をとります。そのときサリーを影に置き去りにし、マイクは光の中に入っていくのです。この映画では光と影はつねに意味を持っています」

 

登場するカラフルなモンスターは300以上。マイクは緑なので、チームも緑。逆に悪役たちは補色にあたる赤で固めたそうだ。ちなみに、マイクの仲間スクイシーは堤さんのアイデアで、日本のおもちをモチーフに誕生したとか。

【関連記事】

ディズニー新作に唯一参加の日本人アニメーターを直撃取材

今秋注目米ドラマ!スピルバーグが結成のドリームチーム
ディズニー、今度は『トランスフォーマー』のハズブロを買収か

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング