S61年製10円玉が6万円!“プレミア通貨”で臨時収入ゲット

投稿日: 2013年07月03日 07:00 JST

コレクターから“手変わり”と呼ばれる、’86年(昭和61年)後期に発行された10円硬貨があるのをご存知でしょうか。これは業者やインターネットオークションなどで、なんと6万円以上の価格で取引されることがあります。今回は、そんな“プレミアつき通貨”の発見方法を指南いたします。

 

「プレミアのつく通貨の種類は、『特年号』、『エラー銭』、『縁起物』などがあります。『特年号』は、硬貨の発行枚数が極端に少ない年に発行されたものを指し、その中で最も価値の高いのは、’87年(昭和62年)発行の50円硬貨です。保存状態にもよりますが、最高約8千円で取引されることもあります。次に『エラー銭』です。特に見つけやすい硬貨には“穴ズレ”というものがあります。これは5円や50円硬貨の開いている穴の位置が、製造時に何らかの拍子でズレたり、大きさや形が極端に変わったものを指します」(東京コイン倶楽部代表・大口等さん・以下同)

 

大口さんは、銀行で両替したときに穴ズレ50円玉が出てきて、自分の店で販売したところ14万円で売れたのだそう。“穴ズレ”は小さなズレから大きなズレまでさまざまですが、約1万~20万円で取引されるそうです。『エラー銭』の中で最も価値が高いのが“穴ナシ”と呼ばれるもの。5円、50円硬貨に穴が開いていないものを指します。最低20万円以上の価格で取引されます。

 

最後は『縁起物』。これは紙幣の印刷番号で希少価値が出てくるパターンです。番号の数字の部分が“ラッキー7”の7がそろうほかに、8(漢数字八の末広がりの意味)と1(ナンバーワンという意味)でそろうと、『縁起物』とされ、通常紙幣の約10倍前後の価格で取引されます。ゾロ目でも『縁起物』紙幣でない場合は3~6倍くらい。ほかにも“キリ番”と呼ばれる紙幣があり、こちらは番号がキリのよい数字(例・B100000Lなど)であれば、プラス2千~3千円の価値がつきます。

 

イベントなどで発行される記念硬貨は、基本的にプレミアがつくのは非常にまれで、東京オリンピックの千円銀貨くらいだという。それも銀製というところで2千~3千円くらい。しかし、造幣局もコレクターも予想しなかった“入手困難な記念硬貨”が’10年(平成22年)に発行されました。それは高知県の坂本龍馬の500円記念硬貨。大河ドラマ『龍馬伝』でブームが起きたため、ファンが競って買い求めたとのこと。銀行や販売業者にストックがなくなり、今では、3千円相当のプレミアがついているそうです。

 

最後に、いざ探し集めたプレミア通貨はどこで取引を行えばよいのでしょうか?

 

「主に業者の買い取りと、インターネットオークションの2つがあります。慣れていないようでしたら、業者をオススメします。オークションは品物の需要が多ければ、大きな収入になることもありますが、出品の準備や郵送など、すべて自分で行わなければなりません。よほど価値があるものでない限り、割に合わないと思います」

【関連記事】

プレミアものの歌舞伎をたった1500円で堪能できる方法

収入はベテラン級…ブログ広告300万円越え「8人の芸能人」
女子大生の憧れ「専業主婦」ライフスタイル別4タイプ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング